/ 日本酒レビュー

「たんたんサンド」と「特別純米 加佐一陽(池田酒造)」

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

2016年9月開催の「丹後地酒まつり」の目玉企画の一つKanabunプロデュースの「地酒✕スイーツ」。地酒を使ったスイーツと地酒の組み合わせを日本酒コンシェルジュ&スイーツコンシェルジュのUmioがレポートします。

たんたんサンドと「特別純米 加佐一陽」のマリアージュ

「加佐一陽」の軽やかさが「たんたんサンド」の味と旨味、そして香りを引き立てる組み合わせだと感じました。

たんたんサンド

米粉100%で作ったスポンジケーキにあんこと生クリームがはさまっている。トップにのった黒豆がかわいい。生クリームと黒豆あんこのサンドが和スイーツの定番の組み合わせ。柔らかく卵黄の味がしっかりときいた米粉スポンジにはさまれると幸せな気分に。

特別純米 加佐一陽

「加佐」とは池田酒造がある地域の名前、「一陽」をつけ、「飲む人がみな明るくなるような酒」と蔵元さんが解説してくれました。

アタックはやや強く、口当たりは軽やか。みかんのなど柑橘の香りを感じます。苦味は強く、キレが良いお酒です。余韻は短いですが、旨味が残ります。

特別純米 加佐一陽 丹後地酒まつり2016

ラベル情報

  • 商品名: 特別純米 加佐一陽
  • 醸造元: 池田酒造(京都府舞鶴市)
  • 醸造年度: -BY
  • 原料米: 京の輝き
  • 精米歩合: 55%
  • 酵母: 協会7号
  • アルコール度数: 15-16
  • 日本酒度: +1
  • 酸度: -
  • アミノ酸度: -
  • 瓶詰め: 2016-09
  • 杜氏: -
  • その他情報: -

特別純米 加佐一陽 丹後地酒まつり2016

オフィシャルの解説より

イベントのパンフレットの解説です。テイスティング時には、先入観を除くため、あえて読んでいませでしたが、作り手と合わせ手の意図を知るために引用します。

すっきりと真っ直ぐなお酒だと思ったので、米粉100%(うち50%が弥栄町の無農薬米)のスポンジにたっぷり染み込ませ、スポンジとスポンジの間にはうっすら生クリームと丹波産黒豆のあんこをサンドしています。

―「丹後地酒祭り」パンフレットより


丹後地酒まつり「地酒✕スイーツ」テイスティングノート

丹後地酒まつり2016 イベントレポート