/ 日本酒レビュー

「桑の実ギモーブ」と「伊根満開(向井酒造)」

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

2016年9月開催の「丹後地酒まつり」の目玉企画の一つKanabunプロデュースの「地酒✕スイーツ」。地酒を使ったスイーツと地酒の組み合わせを日本酒コンシェルジュ&スイーツコンシェルジュのUmioがレポートします。

「桑の実ギモーブ」と「伊根満開」のマリアージュ

ギモーブと合わせることで、伊根満開の熟成したフルーツの酸味を思わせる香りが引き立ちます。ただ、酒の甘味がギモーブの甘味に負けてしまうかも、と少し感じました。同じタイプの香味を合わせるハーモニーの難しさを感じました。

桑の実ギモーブ

ギモーブとはフランス語でマシュマロのこと。この桑の実のギモーブは口溶けがよく、香りは控えめです。

伊根満開

伊根満開といえば、私の大好きなお気に入りのお酒、今でチョコレートなどいろいろな食べ物に合わせてきました。

軽やかな口当たりに果実のような酸味。フランボワーズの香りが口の中で上っていきます。後口には酸味が残り、渋味がキレを演出します。

伊根満開 丹後地酒まつり2016

ラベル情報

  • 商品名: 伊根満開 赤米酒
  • 醸造元: 向井酒造(京都府与謝郡伊根町)
  • 醸造年度: -BY
  • 原料米: -
  • 精米歩合: -
  • 酵母: -
  • アルコール度数: 14
  • 日本酒度: -18
  • 酸度: 6
  • アミノ酸度: -
  • 瓶詰め: -
  • 杜氏: 向井久仁子
  • その他情報: -

オフィシャルの解説より

イベントのパンフレットの解説です。テイスティング時には先入観を除くため、あえて読んでいませんでしたが、作り手と合わせ手の意図を知るためにここに引用します。

桑の実ギモーブ

甘酸っぱくフルーティーな伊根満開に桑の実の上品な甘さがよく合うと思いました。ギモーブ(マシュマロ)にしみ込みながらほぐれていく感じが面白かな…と思います。

―「丹後地酒祭り」パンフレットより


丹後地酒まつり「地酒✕スイーツ」テイスティングノート

丹後地酒まつり2016 イベントレポート