/ 日本酒とスイーツ

「フィナンシェショコラ」と「酒呑童子 京女 特別純米酒(ハクレイ酒造)」

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

2016年9月開催の「丹後地酒まつり」の目玉企画の一つKanabunプロデュースの「地酒✕スイーツ」。地酒を使ったスイーツと地酒の組み合わせを日本酒コンシェルジュ&スイーツコンシェルジュのUmioがレポートします。

「フィナンシェショコラ」と「酒呑童子 京女 特別純米酒」のマリアージュ

フィナンシェの油脂分をお酒が流す役割を果たしていました。酒にもう少し柑橘系の香りがあれば、より相性が良かったと思います。

フィナンシェショコラ

ガナッシュ(溶かしたチョコレートに生クリームを加えたもの)入りのフィナンシェ。

しっとりとした口当たり。もう少し油脂分が馴染んでいればよかったかな。口に含んだ後にちょっと遅れてココアの苦味とほのかなアーモンドの香りが感じられます。

酒呑童子 京女 特別純米酒

軽やかな口当たりのあとに杏の香りがやってきます。甘味、酸味は少なめ。後口に酸味が少し残りますが余韻は短め。若干の渋味を感じます。

「酒呑童子 京女 特別純米酒(ハクレイ酒造)」

ハクレイ酒造の主要銘柄「酒呑童子(しゅてんどうじ)」は酒蔵の近くの大江山に住んでいたと伝わる鬼の頭領の名を取っています。

ラベル情報

  • 商品名: 酒呑童子 京女 特別純米酒
  • 醸造元: ハクレイ酒造(京都府宮津市)
  • 醸造年度: -BY
  • 原料米: -
  • 精米歩合: 酒母米、麹米: 60%、掛米: 60%
  • 酵母: -
  • アルコール度数: 14-15
  • 日本酒度: -
  • 酸度: -
  • アミノ酸度: -
  • 瓶詰め: 2016-08
  • 杜氏: -
  • その他情報: -

「酒呑童子 京女 特別純米酒(ハクレイ酒造)」丹後地酒まつり2016

オフィシャルの解説より

イベントのパンフレットの解説です。テイスティング時には先入観を除くため、あえて読んでいませんでしたが、作り手と合わせ手の意図を知るためにここに引用します。

フィナンシェショコラ

スッと飲めて、甘い香りと後味の風味がチョコレートととてもよく絡み合うと思ったので、ガナッシュ入りのフィナンシェを作りました。

―「丹後地酒祭り」パンフレットより


丹後地酒まつり「地酒✕スイーツ」テイスティングノート

丹後地酒まつり2016 イベントレポート