/ Sake Competition

新ジャンルが確立するか Sake Competition 2017 発泡清酒部門

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

2017年6月5日に開催されたSake Competition 2017 表彰式から、新たに設立された「発泡清酒部門」をレポートします。

発泡清酒部門 Sake Competition 2017

1位は南部美人

発泡清酒部門、1位を受賞したのは南部美人(岩手県)の「南部美人 あわさけ スパークリング」。

発泡清酒部門

リーデルのトロフィーが授与されました。

発泡清酒部門

「南部美人 あわさけ スパークリング」は瓶内二次発酵のスパークリング日本酒。

授賞式に出席した南部美人の久慈雄三さんは、このお酒は720mlで4500円と決して安価ではないお酒なので、ゆっくり静かな場で飲んでほしいと話しました。

酒造りの苦労にも触れていました。「南部美人 あわさけ スパークリング」は南部美人がはじめて造った、技術が要求される瓶内二次発酵の発泡清酒ですが、設備もまだ整っていない中での手探りでの造りでした。

しかし、今年立ち上がったばかりの、awa酒協会のメンバーに支えられて造ることができたといいます。

awa酒協会について

2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて、awa酒協会では、世界のラグジュアリーな乾杯シーンで日本のawa酒がシャンパンやスパークリングワインと肩を並べる存在になることを目指し、国内の蔵元同士の連携を強めるとともに、awa酒の認定基準を定めることによる品質向上を図り、普及促進に努めていきます

👉 awa酒協会

「南部美人 あわさけ スパークリング」一般的な日本酒と同じ程度のアルコール度数です。アルコールの苦味をカバーする技術が南部美人にあり、これが受賞につながったのでは考えているとのことでした。

久慈さんは、「発泡清酒はこれまでの日本酒のカテゴリーに抜けていたもの。これから激戦区となるが、日本酒全体入り口となれば」との展望を述べました。

Sake Competition 2017

2位、3位(GOLD受賞酒)

2位は黄金井酒造(神奈川県)の「発泡清酒 SHU SHU」。可愛いデザインのラベルです。

こちらを授賞パーティーでいただきました。ガス感は控えめで、米を感じさせる優しい甘さが印象に残りました。

発泡清酒部門

3位はおなじみ一ノ蔵(宮城県)の「一ノ蔵 発泡清酒 すず音」。スパークリング日本酒のスタンダードです。

発泡清酒部門

SILVER受賞酒 5点

SLVERを受賞したのは5点。今年からSILVERでは順位を示さなくなりました。

  • 「あたごのまつ スパークリング」新澤醸造店(宮城県)
  • 「発泡性純米酒 ねね」酒井酒造(山口県)
  • 「泡泉花」武重本家酒造(長野県)
  • 「武蔵野スパークリング リジエール」麻原酒造(埼玉県)
  • 「出羽鶴 明日へ」秋田清酒(秋田県)