/ イベントレポート

京都日本酒ドロップキック2016 英勲@んまい

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

日本酒ドロップキックの魅力

2016年5月8日、今年もやって来ました「京都日本酒ドロップキック」!

京都市の中心部、烏丸御池を中心に徒歩圏内の16の飲食店が参加するイベントです。各店舗と蔵元が組んで開催されるので、16の飲食店と16蔵の日本酒が楽しめる上に、酒蔵の方々にも会える、という満足度の高い日本酒フェスであります。

開催時間は14時から22時。今回は5年目の参加ですが、はじめて全時間帯を楽しみました。

最初は「んまい」で

まず1店目は、もちろん私の人生が(日本酒方向に)変わるきっかけとなった「んまい」。開始15分前にすでに行列でしたが、いつにもまして店内の雰囲気は若々しく、魚市場で魚が跳ねるようなシャープな掛け声で気持よく無駄のない動きで店内に誘導されたのです。

ことしの「んまい」は英勲

英勲ドロップキックオリジナル

振る舞い酒は「英勲」。ドロップキックのポスター、ポッピンを吹く代わりにグラスを傾けている女性が英勲とんまいのタトゥーをしているラベルの日本酒ドロップキックオリジナルの本醸造。

英勲 本醸造

香りは控えめながら、柑橘の香りとアプリコットの香り。

口当たりはさらりとしていて、甘味、酸味、旨味ともやや控えめ、そして苦味は強め。

なのでキレはよく、酸味の余韻が心地よいお酒です。

アテは天むす

んまいの天むす

アテはまさかの天むす。「え!」と思ったけど、英勲本醸造に天ぷら部分が合う合う。そして、スタートにお腹にたまるものが来たのは、これから先が長い日本酒ラリーでの胃腸の保護に役立ったのでした。