/ 日本酒レビュー

酔鯨 純米吟醸 備前雄町|日本酒テイスティングノート

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

名古屋は伏見にある日本酒居酒屋「一位」で開催された「酔鯨を楽しむ会」でいただきました。

爽やかな印象。フルボディー。フルーツのような酸味はしっかり。アプリコット、オレンジの香り。柑橘ピールの苦味。切れはよく、余韻に柑橘のさわやかさを感じます。

杜氏さんのお話では、「酔鯨は味があってキレがある」とのこと。まさにこの酒は「酔鯨らしい」お酒でした。

suigei-DSCF1498-0960

こちらは一位名物の厚切りベーコン。酒のしっかりとした酸味がベーコンに負けません。酒の酸味からくる爽やかさが、ソースの役割を果たします。よく合いました。

suigei-DSCF1500-0960

カツオのたたきとも合わせました。酒の甘味が引き立てられます。こちらもよく合いました。

「酔鯨を楽しむ会」で飲んだお酒から

(テイスティング日: 2018年5月26日)

ラベル情報

  • 酔鯨 純米吟醸 備前雄町
  • 〈醸造元〉 酔鯨酒造(高知県高知市)
  • 〈仕込み水〉 -
  • 〈原料米〉 備前雄町
  • 〈精米歩合〉 50%
  • 〈酵母〉 熊本酵母
  • 〈杜氏〉 松本誠二
  • 〈特定名称/種別〉 純米吟醸酒
  • 〈アルコール度数〉 16度
  • 〈原材料〉 米、米こうじ
  • 〈日本酒度〉 6.5
  • 〈酸度〉 1.8
  • 〈アミノ酸度〉 1.1
  • 〈製造年月〉 2018-05

suigei-DSCF1503-0960