/ 日本酒レビュー

酔鯨 純米大吟醸 万|日本酒テイスティングノート

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

名古屋、伏見の日本酒居酒屋「一位」で開催された「酔鯨を楽しむ会」の乾杯酒。

「酔鯨 純米大吟醸 万」は、酔鯨のHigh End Collectionの一つです。

今風のきれいなお酒だが、味はしっかりとしている。口に含んでから切れるまでの曲線が美しいお酒。

やや軽やかな口当たり、柔らかいテクスチャ。味が乗っている。果汁のよう。甘さは控えめに感じられ、爽やかな酸味がしっかりとしている。メロン、蜜、白玉粉の香り。ややミルク飴の香り。切れはよく、余韻が長い。酸味と白玉粉の香りが残る。ほんのすこし粉っぽさがあったが、引っかかりは感じられなかった。

カツオのたたきに合わせてみたが、余り合わなかった。単独で静かに飲みたいお酒。

「酔鯨を楽しむ会」で飲んだお酒から

(テイスティング日: 2018年5月26日)

ラベル情報

商品名酔鯨 純米大吟醸 万
醸造元酔鯨酒造(高知県高知市)
特定名称純米大吟醸酒
原材料米、米こうじ
醸造年度-BY
原料米兵庫県産山田錦 100%
精米歩合30%
酵母-
アルコール度数17度
日本酒度+6.5
酸度1.1
アミノ酸度1.1
製造年月2018-05
杜氏松本誠二
その他情報-
商品ページ-

suigei-DSCF1480-0960