/ 日本酒とスイーツ

コンビニスイーツと日本酒のペアリング

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

これは日本酒コンシェルジュのInstagramに投稿した内容ですが、あまりにも熱が入りすぎて長文になってしまったので、読みやすさのため、ここに加筆修正の上掲載します。

Instagramでコンビニスイーツをレビューし続ける、コンビニスイーツの女神 まつぼっくり🗽さんに触発されて、今回はコンビニスイーツと日本酒のペアリングを考えました。

日本酒コンシェルジュの私はスイーツコンシェルジュ(日本スイーツ協会認定)でもあるので、スイーツと日本酒は長いことやっているテーマですが、コンビニスイーツは初めてなのです。

4層が奏でるハーモニー

セブン-イレブンの通路を歩いていると、「たっぷりクリームのミルクプリンケーキ」を発見。商品名に 「クリーム」「プリン」という好物ワードが2つも入っていたので、迷わず購入した。

_s-IMG_6947

家に帰って、早速いただく。上から見ると、ソフトクリーム型にホイップクリームがたっぷり、その下にスポンジケーキ、練乳クリーム、プリンと続く。「プリン」と商品名にあるのに、プリン部分は4分の1もない。

_s-IMG_6950

まずは頭のてっぺんの部分をスプーンですくい、味わう。少し重めで油脂多め、後口に乳っぽさと甘味が広がる。ボールドでわかりやすい味わい。クリーム好きにはたまらないが、単独ではちょっとくどいかもしれない。

再び見下ろす。スポンジ部分が顔をのぞかせている。ぱくり、食感がいい。キメが細かく、やわらかい。次はクリームと合わせて口に運ぶ。おお! よいバランス、輪郭のある味わい。クリームの重さはこのように計算されているのだ。

_s-IMG_6956D

掘り進める。一気に掘り進める。練乳クリームとプリンが仲間に加わる。すべての層が含まれるようにすくい、縦のハーモニーを楽しむのがお菓子の基本だ。プリンはなめらかプリンで、湯煎焼きをせずに寒天やこんにゃくなどで固めるタイプだ。1990年代に大ヒットして以来、根強い人気を誇っている。

湯煎焼きしないプリンは、個人的にはプリンではないと思っているけど、世の中みな、そう言っているので従っている。

プリン部分の卵黄感は控えめだが、その上の練乳クリームのコクが全体の味を下支えしている。この練乳クリームはコンデンスミルクの味そのままで、幼少時にスプーンで直食べしていた私には、懐かしい情景が浮かぶ味わいである。

4つの要素が合わさると、こんなにも素晴らしい! 後口はさっと切れ、余韻に乳脂のコクが長く残る。量・味とも満足であった。

合わせたい日本酒(写真右下から左へ)

玉川 自然仕込 純米酒(山廃) 無濾過生原酒

以前、ミルク割りをやってみて、とてもおいしかったお酒。このスイーツのクリーム部分によく合うでしょう。

👉 Amazon.co.jp: 玉川 自然仕込 山廃純米酒 無濾過生原酒 720ml: 食品・飲料・お酒

竹生嶋 壺中重星霜 純米吟醸 吟吹雪 平成十四酒造年度 長期常温熟成古酒

熟成してからが本番のこの酒、18年目の今年飲んでみたら、ほうじ茶とはちみつのニュアンスが印象的だった。ほうじ茶の香りがこのスイーツ全体とよくマリアージュする。

純米大吟醸 美丈夫 舞 しずく媛

華やかな、リンゴ・ぶどう・メロンの香りのお酒で、合わせるとこのスイーツの中に新鮮なフルーツが加えられたような気持ちになる。

👉 Amazon.co.jp: 美丈夫 舞 純米大吟醸 しずく媛 720ml: 食品・飲料・お酒

ラベル情報

_s-IMG_6948D