/ 日本酒レビュー

勇心 純米 おいでまい|日本酒テイスティングノート

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

香川県綾歌郡綾川町にある勇心酒造の純米酒。原料米は香川県の飯米「おいでまい」。女性らしさを感じるお酒です。骨付鳥にも合いました。

「おいでまい」は平成25(2013)年にデビューした新しい品種。飯米ですが、雑味の原因になるタンパク質の含有量が山田錦並みに少ないので酒造りにも使われています。

👉 オオセト・さぬきよいまい・おいでまい〈酒米の系譜・香川県〉

960_DSCF4273

第一印象は「女性らしいお酒」だなと思いました。フルーティーで若い感じ。甘味は少なめ、イチゴのような酸味が横に広がります。イチゴ、ライチの香り、その奥に炊いた米の香り。

いつの間にかいなくなってしまったような切れ方をします。後口は酸味がジワリ、苦味がしっかりしています。余韻にイチゴ、ウリの青い香り。

960_DSCF4269

餃子と合わせました。タレ無しでいただきました。皮はカリッともちっとでコクがあり、中身は野菜中心です。

960_DSCF4284

ニラの青さが酒のウリの青い香りと同調するのを感じました。酒の酸味が餃子の全体となる味わいの骨格を形作ります。ちょうど、餃子に酢をつけて食べるような感じです。

しょうゆ豆

しょうゆ豆と合わせると、酒が醤油の香りを引き立てました。

骨付鳥

骨付鳥との相性は抜群でした。酒のフルーティーな香りと酸味が、ソースの役割を果たします。

(テイスティング日: 2017年12月4日)

ラベル情報

商品名勇心 純米 おいでまい
醸造元勇心酒造(香川県綾歌郡綾川町)
特定名称純米酒
原材料米、米こうじ
醸造年度-BY
原料米掛米割合(80%)香川県綾川町産おいでまい、麹米割合(20%)香川県財田町産減農薬無化学肥料栽培山田錦
精米歩合65%
酵母-
アルコール度数15.5度
日本酒度-
酸度-
アミノ酸度-
製造年月2017-10
杜氏-
その他情報-
商品ページ-

勇心 純米 おいでまい 裏ラベル