/ 日本酒レビュー

与謝娘 山廃純米 無濾過生原酒|日本酒テイスティングノート

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

(2016年7月16日)

浅野日本酒店京都店の立ち飲みスペースにて。ここはサードウェーブ系の立ち飲み屋さんです。

浅野日本酒店京都

京都府の北部、与謝郡与謝野町にある「与謝娘酒造」の山廃純米。

りんごの香りが強めで、その奥に少し藁の香り。含み香は洋梨やみかん、そして白玉粉の香りを感じました。甘味は強く、酸味は爽やかで強め。繊細で強い苦味でよく切れます。余韻は長めで、中程度のうま味が残ります。

与謝娘 山廃純米 無濾過生原酒

クリームチーズと燻製漬物とあわせました

あわせた料理はこちら、クリームチーズの上に「いぶりがっこ」と「いぶりにんじん」がのっています。クリームチーズの爽やかな香りとと与謝娘のフルーティーな香りがよく合いました。

クリームチーズ と燻製漬物

京都府オリジナルのお米「京の輝き」

「京の輝き」は京都府オリジナルの米で、伏見酒造組合、京都府、農研機構などが共同で開発した新しい品種です。2012年に品種登録されています。

京都府オリジナルの酒米にはがありますが、掛米として使える米で地域ブランドとなるものはありませんでした。

高いコストを掛けることができない場合は、掛米に酒米ではなく日本晴や祭り晴などの一般米を使うことが多いです。麹米も掛米もオール京都産で地域ブランド戦略をすすめるために開発されたのが「京の輝き」というわけです。

「京の輝き」は日本晴に比べて1割ほど収量が多く、比較的高温障害にも強い品種です。温暖化の時代には有利な品種です。

ラベル情報

  • 商品名: 与謝娘 山廃純米 無濾過生原酒
  • 醸造元: 与謝娘酒造(京都府与謝郡与謝野町)
  • 原材料: 米(京都府産)、米こうじ(京都府産米)
  • 醸造年度: -BY
  • 原料米: 京都産 京の輝き
  • 精米歩合: 65%
  • 酵母: きょうかい1001
  • アルコール度数: 17度
  • 日本酒度: -
  • 酸度: -
  • アミノ酸度: -
  • 製造年月: 28-07
  • 杜氏: -
  • その他情報: -
  • 商品ページ: -

与謝娘 山廃純米 無濾過生原酒

参考資料