/ 日本酒スイーツ

酒粕マフィン 和三盆クランブルのせ|日本酒スイーツレシピ

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

簡単にできる酒粕マフィンのレシピをご紹介します。

酒粕を使った焼き菓子です。焼いているときに家の中に広がる酒粕の香りがたまりません。私はお菓子に使うお酒と同じものを飲みながら作ります。これもたまりません。

酒粕の香りを楽しむマフィン本体

酒粕を入れるので、他の材料の分量とのバランスの調整が必要です。何度か試行錯誤してたどりついたのが、「粉の分量を変えずに、バターや卵などで調節する」という方法でした。

バターと卵、砂糖には生地をふくらませるなどの機能がありますが、それを邪魔しないような分量を見極めるのが難しかったです。

酒粕の風味を引き出す

酒粕の香りとモッチリ感はうまく出せましたが、ちょっと甘さが足りなかったかもしれません。酒粕の苦味の分をマスキングする甘さが必要だったのでしょう。

砂糖はグラニュー糖を使いました。今まで和三盆やきび砂糖など味わいがまろやかで風味が豊かなものを使ってみましたが、グラニュー糖に行き着きました。シンプルな甘味が酒粕の豊かで幅広い味わいを引き立てるからです。

ちなみに、今回は板粕を使いました。水分が少なく、生地のゆるさの見極めがしやすいからです。

和三盆クランブル

マフィンにのせるクランブルは、和三盆を使いました。和三盆とグラニュー糖を半々の割合で配合します。和三宝もまた、他の砂糖類と合わせることで味が引き立つからです。

「酒粕マフィン 和三盆クランブルのせ」のレシピ

材料

酒粕マフィン 和三盆クランブルのせ

クランブル

  • 無塩発酵バター 20g
  • 薄力粉 20g
  • グラニュー糖 10g
  • 和三盆 10g
  • アーモンドパウダー 10g

マフィン本体

  • 薄力粉(ドルチェ) 180g
  • BP 小さじ 1と1/2
  • 塩 1g
  • 無塩発酵バター 60g
  • 卵(全卵) 40g
  • 牛乳 75ml
  • グラニュー糖 80g
  • 酒粕(板粕) 30g
  • 日本酒 15ml(作りながら飲む分量は別途用意)

作り方

1. クランブルを作る

クランブルの材料をボウルに入れ、指先で混ぜ合わせます。バターは冷たいままで使います。混ぜたあとは次の出番まで冷蔵庫で待機してもらいます。

酒粕マフィン 和三盆クランブルのせ

💡 コツ: 指先で混ぜるときに体温でバターが溶けてしまうことがあります。ペーストのようになってしまったら失敗です。バターは使う寸前まで冷蔵庫で冷やしておきましょう。また、体温で溶けないように素早く混ぜるましょう。

酒粕マフィン 和三盆クランブルのせ

2. 酒粕を酒で溶く

酒粕を日本酒で溶いてペースト状にします。酒粕を少し温めると溶きやすくなります。

酒粕マフィン 和三盆クランブルのせ

3. マフィン本体の生地を作る

3-1 バターをホイップする

ホイッパーを使います。
21℃くらいまで戻したバターをホイップします。

酒粕マフィン 和三盆クランブルのせ

その後グラニュー糖を4回に分けて投入して、さらにホイップします。

酒粕マフィン 和三盆クランブルのせ

3-2 卵を入れる

溶いた卵を5回に分けて投入し、ホイップします。

酒粕マフィン 和三盆クランブルのせ

3-3 酒粕ペーストを入れる

ここから、ゴムベラを使います。
[2]の酒粕ペースをを投入し、混ぜ合わせます

3-4 粉と牛乳を入れる

ふるいにかけた粉を1/3投入し、切るように混ぜます。その後半分の量の牛乳を投入し、混ぜます。

「粉1/3→牛乳1/2→粉1/3→牛乳1/2→粉1/3」という流れです。

このとき、小麦粉のグルテンが生成しないように切るように混ぜることがポイントです。

酒粕マフィン 和三盆クランブルのせ

3-5 マフィン型に入れて焼く

生地をマフィン型にいれ、その上にクランブルをのせます。

酒粕マフィン 和三盆クランブルのせ

180度に予熱しておいたオーブン(電気)で20分焼きます。

焼いている最中に部屋を満たす酒粕の香りが最高です。

出来上がり

和三盆クランブルはカリッとしていて深い味わい。マフィン本体はほのかな酒粕の香り、とホロホロでしっとりとした食感でした!

酒粕マフィン 和三盆クランブルのせ

酒粕マフィン 和三盆クランブルのせ