/ AFS

純米アフス生|日本酒テイスティングノート

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

京都市役所前広場で開催された平安日本酒フェスティバル。長期熟成酒で有名な酒バー「よらむ」のブースではほっぺた落ちる驚きのお酒を2種類、味わいました。

「よらむ」は私の大好きなお店の一つ。生原酒を熟成させるとカカオの香りが出やすいとか、長期熟成酒は上立香より含み香、口の中で立ち上がる香り、が複雑で深いとかいうことを「よらむ」のマスターのよらむさんから教えてもらいました。

よらむブース 日本酒フェス2016

1杯目は「純米AFS生」。梨の果汁を熟成したような爽やかな酸味と透明な甘味。とても飲みやすく、食前酒として、また単独で楽しみたいお酒です。

生AFS 平安日本酒フェス2016

この日本酒らしからぬ、そしてやはり米の酒だと感じられる味と香りは、木戸泉酒造独自の「高温山廃一段仕込み」により実現されています。米、米こうじ、水を一段で仕込み、そこに酵母と乳酸菌を加えて発酵させるという方法です。

木戸泉 純米アフス生 500ml ※クール配送
木戸泉酒造株式会社
売り上げランキング: 49,950

このあと、家でゆっくりテイスティングしました。炭酸割りも試しました。

よらむブースでの2杯めは秋鹿

(テイスティング日時: 2016年7月31日)

ラベル情報

  • 商品名: 純米アフス生
  • 醸造元: 木戸泉酒造(千葉県いすみ市)
  • 原材料: 米(国産)、米こうじ(国産米)
  • 醸造年度: -BY
  • 原料米: 千葉県いすみ市産 総の舞100%*
  • 精米歩合: 65%
  • 酵母: -
  • アルコール度数: 13-14度
  • 日本酒度: -
  • 酸度: -
  • アミノ酸度: -
  • 製造年月: 2016.03
  • 杜氏: -
  • その他情報: -
  • 商品ページ: http://kidoizumi.jpn.com/archives/218

ラベル以外の情報源

生AFS 平安日本酒フェス2016

生AFS 平安日本酒フェス2016