/ 日本酒レビュー

萩乃露 生酒 葵つぶらか lovable aoi|日本酒テイスティングノート

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

MTRL京都で開催されたイベントで飲みました。萩乃露の新製品「葵つぶらか」

元禄時代の製法で造られた酒

「葵つぶらか」は元禄時代の製法で造られた日本酒です。同じ時代の製法で造られたお酒に玉川Time Machineがあります。「葵つぶらか」はTime Machineよりもライトな仕上がりです。

お酒の名前とラベルにはたくさんストーリーがありますが、追って別記事(イベントレポート)でご紹介したいと思います。

とろり、米を感じるお酒

外観はちょっと薄めの山吹色。上立ち香は青草、綿菓子、カシューナッツ、ちょっと乳っぽい香りと木の香りがします。口に含むと、強めのアタック。ややとろりとした口当たり。透明感のある飴や蜜のような甘味。やさしい酸味は口の中をぐわっと上に上る感じです。苦味は強くややキレます。口中香はメロン、バナナ、すだち、みかん、そして炊いた米、飴、綿菓子。余韻にとろりとした甘味が少し残ります。

h萩の露 生酒 葵つぶらか lovable aoi

(テイスティング日: 2017年7月7日)

ラベル情報

  • 商品名: 萩乃露 生酒 葵つぶらか lovable aoi
  • 醸造元: 福井弥平商店(滋賀県高島市)
  • 原材料: 米(国産)、米こうじ(国産米)
  • 醸造年度: -BY
  • 原料米: -
  • 精米歩合: 55%
  • 酵母: -
  • アルコール度数: 12度
  • 日本酒度: -
  • 酸度: -
  • アミノ酸度: -
  • 製造年月: 29-07
  • 杜氏: -
  • その他情報: -
  • 商品ページ: -

萩乃露 生酒 葵つぶらか lovable aoi ラベル

萩乃露 生酒 葵つぶらか lovable aoi ラベル