/ 日本酒レビュー

大七 純米生酛|日本酒テイスティングノート

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

45度位の燗酒でいただきました。上立ち香は炊いた米。柔らかな口当たりに、しっかりとした酸味。含み香に白玉粉の香り。余韻にうま味、米の香りが立ち上がります。

生ハム3種とあわせました

左から

  • プロシュット・ディ・パルマ(イタリアのパルマ近郊で作られているプロシュットで、生ハムの1種、塩味が強めで油脂感が強いです。)
  • アランチャ (オレンジジュースとピールに漬け込んだオレンジの風味の生ハム。ピールの香りとスパイシーさが特徴です。)
  • パンチェッタ (塩漬けにした豚のばら肉、俗に生ベーコン。)

生ハム3種

プロシュット・ディ・パルマとは、酒のミルキーさが引き立ち。アランチャとは可もなく不可ももなく。パンチェッタとはやや酒の香味が浮く感じがしてでした。

このセットを「都鶴 うなぎのねどこ 長期熟成酒」とも合わせました。また違った結果が出ました。

👉 都鶴 うなぎのねどこ 長期熟成酒|日本酒テイスティングノート

2つの酒をブレンドして、再び生ハム3種と合わせてみる

「大七純米生酛」と「うなぎのねどこ」を6:4でブレンドしたもの、もちろん40度前後の燗酒とも合わせました。こちらも3種の生ハムと合わせてみると。

プロシュット・ディ・パルマとはさらに旨味が上がって。アランチャもより良くあって。パンチェッタとはやや酒の香味が浮く感じがしてでした。

酒カリエンテ京都にて。

(テイスティング日: 2017年8月17日)

ラベル情報

  • 商品名: 大七 純米生酛
  • 醸造元: 大七酒造(福島県二本松市)
  • 原材料: 米(国産)、米麹(国産米)
  • 醸造年度: -BY
  • 原料米: -
  • 精米歩合: -%
  • 酵母: -
  • アルコール度数: 15度
  • 日本酒度: -
  • 酸度: -
  • アミノ酸度: -
  • 製造年月: 2017-06
  • 杜氏: -
  • その他情報: 扁平精米
  • 商品ページ: https://secure.daishichi.com/category/select/pid/4

大七 純米生酛

大七 純米生もと 720ml 1本 【大七酒造(福島)】
大七酒造
売り上げランキング: 19,652