/ 日本酒レビュー

東麒麟 スパークリング 洋梨 AZUMA KIRIN SPARKLING SAKE+PERE|世界のSakéテイスティングノート

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

ブラジル最大で最も歴史のある清酒蔵、Azuma Kirin(東麒麟)のスパークリング日本酒を現地で購入し、現地でテイスティングした。3種あるフレーバーの一つ、Pere(洋梨)味を選んだ。

(もちろん、全フレーバーを飲んでいる)

ブラジルの空気を吸いながら、飲む

グラスに注いで(氷を入れるの忘れた!)最初に感じたのは、その鮮やかな色。いま写真でみるとビビッドすぎると感じるけど、ブラジルではそう感じなかった。街も人も色鮮やかだからだ。緑色はとくに、黄色と並んでブラジル人にとって最も大切な色の一つである。緑と黄色はブラジルの国民色なのだ。

色は大事な個性ではあるものの、色に引きずられないように目を閉じて味わう。程よいガス感と、アルコール度数は7%と低いのに強いアタック。香りは洋梨・青りんご・少しライムのピール。よくキレたあとは柑橘ピールの香りが持続する。日本酒ベースだとわかるのは、そのソフトさ(ブラジルのナショナル・カクテルは大概度数が強い)からだが、このほか、ほのかな乳酸系の香りから日本酒らしさを感じたので安心した。

_s-BR-DSCF7138

酒を飲むのは、造られたところから近ければ近いほどよいと言われるが、この酒をブラジルの気候と街の空気感の中で飲めたのはよかった。バーベキューしながら屋外で飲むのもいいな。

すぐ飲める瓶入りカクテルの人気

2018年の終わり頃、サンパウロを訪問した。週末にもなると、サンパウロのスーパーマーケットや食料品店では瓶や缶に入ったカクテルの試飲販売が行われている。大手スーパーのカルフールで試飲したのは、Cereser Frizée というシードルベースのカクテルで、アルコール度数は8パーセント。20-35歳の層をターゲットにしているという[1]

_s-BR-IMG_0112

棚には、このほかウオツカやラムベースのカクテル飲料が並んでいる(Azuma Kirinも見える)。このようなタイプの飲み物は業界ではRTD(Ready-to-drink = すぐに飲める)と呼ばれていて、日本では缶チューハイやストロング系飲料がその代表になる。ブラジルではアルコール全般の出荷量が減少傾向にあるにもかかわらず、伸びているジャンルだ[2]

_s-BR-IMG_0116

東洋人街のリベルダーデ地区にある日本食料品店 Maruso ではAzuma Kirin の Sparkling Sake の試飲販売に遭遇。かなり多くの人が足を止め、試飲していた。彼らの表情からは、味わいに対する満足度が見て取れた。

_s-BR-IMG_9944

この店は厳しい品質管理が要求される同社のNamaも取り扱っている。サンパウロの居酒屋でいただいた。ブラジルの気候風土にあった、まさに「地酒」である。

テイスティングコメント

冷やしていただいた。程よいガス感。アルコール度数は7度と低いがかなりガツンとくる。いい色。とても緑。最初は少し驚いたが、ブラジルでは受けそうだと思った。香りは強い。他のラインナップよりも強めだ。それらは、梨、青りんご、少し柑橘ピール、ライム。

色の鮮やかさに引きずられないよう、目を閉じて飲む。柑橘ピールの綿の部分の香りのあと、切れはよく、柑橘ピールの香りが持続する。

揚げ物によく合った。ブラジルのコロッケ、コシーニャがよい。日本酒の香りはほとんど感じられないが、少し粘性のあるテスクチャーと乳酸由来の香りがほのかん感じられる。以前四国で吟醸酒にすだちを絞ったカクテルを飲んだが、その印象に近い。

(テイスティング日: 2018年11月16日)

ラベル情報

東麒麟 スパークリング 洋梨 AZUMA KIRIN SPARKLING SAKE+PERE

  • 〈醸造元〉 AZUMA KIRIN(カンピーナス市(ブラジル連邦共和国サンパウロ州))
  • 〈仕込み水〉 -
  • 〈原料米〉 -
  • 〈精米歩合〉 -%
  • 〈特定名称/種別〉 炭酸入り混成酒 (Bebida Alcoólica Mista Gaseificada)
  • 〈アルコール度数〉 7度
  • 〈原材料〉 炭酸水、清酒、エチルアルコール、砂糖、液体グルコース、酸味料(クエン酸)、香料(天然グレープフルーツ香料、天然果実香料)、乳化剤(アラビアガム)、保存料(安息香酸ナトリウム)、着色料(黄色4号、黄色5号、青色1号)
    (Água gaseificada, Saquê, Álcool Etílico, Açúcar, Glicose Líquida, Acidulante: Ácido Cítrico, Aromatizante: Aroma Natural de Pera e Aroma Natural de Frutas, Emulsificante: Goma Arábica. Conservador: Benzoato de Sódio e Corantes: Tartrazina, Amarelo Crepúsculo e Azul Brilhante FCF)
  • 〈製造年月〉 -
  • 〈その他情報〉 製造 HGR Beverages、販売 AZUMA KIRIN。賞味期限 2019-01-02

_s-BR-DSCF7140


  1. CRS Brands apresenta Cereser Frizée, bebida à base de sidra | EmbalagemMarca ↩︎

  2. Fernando Luiz E. Viana. Indústria de bebidas alcoólicas. Caderno Setorial ETENE. Ano 2, N. 2, fevereiro, 2017. Banco do Nordeste. ↩︎