/ 日本酒レビュー

Wakaze飲み比べセット 完成披露会とテイスティングノート

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

2015年5月30日、東京・南阿佐ケ谷で開催されたWakaze飲み比べセットの完成披露会に参加してきました。

クラウドファンディングで生まれたWakazeの飲み比べセットは日本酒の味と香りの幅を楽しめるラインナップになっています。

「甘×香」など、味と香りがわかるネーミングです。甘いお酒は赤系統、香りの高いお酒は花の絵、辛口は枯山水をモチーフにした模様など、ラベルからも味と香りをイメージしやすくなっています。

1280_IMG_7417

このような外見から中身が想像できて、かつ遊び心を感じさせるデザイン。日本酒ファンでない人に日本酒を体験してもらうためにはとてもよいスタイルだと感じました。

世界に日本酒を広めたい

世界に日本酒を広めたいという思いで始まったこのプロジェクト、この飲み比べセットを楽しむイメージはホームパーティー。海外の人に日本酒のバリエーションの豊かさを知ってほしいという思いが込められています。

それを実現するため、3つのステップを計画しているとのこと。

  1. 日本で造って、日本で売る
  2. 日本で造って、海外で売る
  3. 海外で造って、海外で売る

プロジェクトのプレゼンターの今井翔也さんは、フランスで杜氏になって酒造りをするという目標があると語っていました。

テイスティング

Wakaze飲み比べセット

写真右からテイスティングしていきます。

甘×泡(純米吟醸)

さわやかで力強い泡のスパークリング日本酒。泡が醪のかけらをくるくるとかき混ぜる様子が見ていて楽しい。乳酸菌飲料のようなさわやかな香りと軽快な甘味とフレッシュな酸味がしめる後味。

乾杯酒や食前酒のほか、軽くローストしたココナッツと合わせたい。

  • 【酒器・温度】ガラスのおちょこで10℃前後
  • 【色・透明度】白、濁り、醪のかけらが目立つ
  • 【香り】甘さを感じさせるさわやかな乳酸菌飲料の香り
  • 【香りの強さ】やや弱い
  • 【具体的な香り】ヨーグルト
  • 【味のアタック】中程度
  • 【味】炭酸をピリピリと感じる。やわらかな甘味
  • 【後味】じゅっと爽やかに残る酸味。横に広がる酸味
  • 【使用米・精米歩合】山田錦、50%
  • 【酵母】M-310
  • 【アルコール度数】16-17度
  • 火入れなし

甘×香(純米吟醸)

飲み比べセット5種の中で一番好きだったお酒。冷蔵から出して注いだ後はバナナやヨーグルトを思わせるフルーティーでまろやかな香り、少し置いて温度が上がってくると苺の香りを感じた。甘さも上品な軽さでほのかに感じる酸味が華を添える。

単体で飲むほか、クリームチーズやヨーグルトにフルーツを合わせたデザートといっしょに楽しみたい。

  • 【酒器・温度】ガラスのおちょこで10-15℃前後
  • 【色・透明度】無色透明
  • 【香り】甘さを感じさせるフルーティーでまろやかな香り
  • 【香りの強さ】やや強い
  • 【具体的な香り】バナナ、ヨーグルト、いちご
  • 【味のアタック】中程度
  • 【味】軽い甘味、ほのかな酸味
  • 【後味】じわりと残る酸味
  • 【使用米・精米歩合】渡船、50%
  • 【酵母】1901
  • 【アルコール度数】16-17度
  • 直詰め

甘×爽(特別純米)

  • 【酒器・温度】ガラスのおちょこで10℃前後
  • 【色・透明度】やや黄色、透明
  • 【香り】ハーブや草を思わせるさわやかな香り
  • 【香りの強さ】中程度
  • 【具体的な香り】木、ハーブ、草、バター、ヨーグルト
  • 【味のアタック】中程度
  • 【味】軽いテクスチャー、柔らかな甘味
  • 【後味】短い後味、キレがいい
  • 【使用米・精米歩合】五百万石、60%
  • 【酵母】701
  • 【アルコール度数】15-16度
  • 火入れ

辛×爽(特別純米)

群馬のお米と群馬の酵母を使った、オール群馬なお酒。トラディッショナルな日本酒らしい味わいとキレ。近々に冷やして焼き肉と合わせたり、熱燗にして群馬の郷土料理と合わせたい。

  • 【酒器・温度】ガラスのおちょこで10から15度くらい
  • 【色・透明度】無色透明
  • 【香り】トラディッショナルな日本酒らしい枯れ草のような香り
  • 【香りの強さ】中程度
  • 【具体的な香り】木、枯れ草、草
  • 【味のアタック】中程度
  • 【味】まろやかな甘味と酸味
  • 【後味】ピリピリピリとした刺激と渋味が後味をきゅっとしめる
  • 【使用米・精米歩合】舞風、60%
  • 【酵母】群馬KAZE
  • 【アルコール度数】16-17度
  • 火入れ

辛×香(大吟醸)

  • 【酒器・温度】ガラスのおちょこで10から15度くらい
  • 【色・透明度】無色透明
  • 【香り】フルーティーな香り
  • 【香りの強さ】やや強い
  • 【具体的な香り】りんご、バナナ、ミント
  • 【味のアタック】中程度
  • 【味】柔らかなテキスチャー
  • 【後味】ピリピリとした刺激でキレが良い
  • 【使用米・精米歩合】山田錦、35%
  • 【酵母】1801
  • 【アルコール度数】17-18度

まとめ

飲む前から「おいしいに違いない」と思っていましたが、ふたを開けてみたらそれ以上のおいしさでした。日本酒の味と香りの幅を体験するには最適のセットではないでしょうか。

「この香りが好き」とか、「こっちの辛口とおでんを合わせたい」などとわいわい言い合いながら楽しみたいです。特に日本酒がはじめての方におすすめしたいセットです。