/ 日本酒レビュー

梅乃宿 奈良流五段 露葉風 純米吟醸|日本酒テイスティングノート

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

平安日本酒フェスティバルにて。

江戸時代の技法を復活

梅乃宿の「奈良流五段」。江戸時代初期の技法「奈良流」を復活させて造った酒です。日本酒は、一般的には3回に分けて原料を仕込む「三段仕込み」で造られますが、この酒は五段仕込みです。

江戸時代初期の『童蒙酒造記』のレシピをベースにしており、三段目を3回に分ける仕込方法です。添・踊・仲・留1・留2・留3のように6日間で仕込みます。

カスタードクリームのような濃醇な香味

丸く爽やかな食感。ライチの香り。カスタードクリームの香り。カシューナッツの香り、ややカカオの香り。ザラメの香り。丸い甘味と強い酸味、苦味を感じます。

後味は強い酸味。粉砂糖のような甘味。苦味がキュッとしまる。余韻にカシューナッツの香り、ザラメの香り、あんずの香りが口の中を上がります。

(テイスティング日: 2017年9月3日)

ラベル情報

  • 商品名: 梅乃宿 奈良流五段 露葉風 純米吟醸
  • 醸造元: 梅乃宿酒造(奈良県葛城市)
  • 原材料: 米(国産)、米こうじ(国産米)
  • 醸造年度: -BY
  • 原料米: 露葉風100%
  • 精米歩合: 60%
  • 酵母: -
  • アルコール度数: 17度
  • 日本酒度: -
  • 酸度: -
  • アミノ酸度: -
  • 製造年月: 2017-08
  • 杜氏: -
  • その他情報: 江戸時代初期の技法「奈良流」を復活させ仕込んだお酒
  • 商品ページ: -

梅乃宿 奈良流五段 露葉風 純米吟醸

日本農書全集 第51巻 農産加工 2
吉田 元
農山漁村文化協会
売り上げランキング: 466,926