/ 日本酒レビュー

まんさくの花 旨辛口純米酒 うまからまんさく|日本酒テイスティングノート

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

上立ち香は控えめ。メロン、少し乳酸菌飲料の香り。口に含むと、味わいがぐわりとひろがり、すぐにいなくなる。その直前の盛り上がりが印象的。切れた後は米の香り。

余韻は長い。メロンの香り、白玉粉の香り。酸味と苦味がグワーッと広がる。そして苦味が強めに残る。料理と合わせるときに味をリセットして次の料理に進むときによい。うま味も余韻に。そして少しアルコールの感じがピリリと。

APC_2188-hdr-0960

砂肝と合わせると酒にある米の香りが引き立ち、出汁の効いた卯の花ではうま味が上がります。パプリカのマリネでは、その爽やかな香りが酒を下支えして、酒の骨格をより強固にします。

(テイスティング日: 2018年7月1日)

京都の日本酒バー「和酒 美ずき」にて。

【追記】またまた「美ずき」にて燗酒をいただきました

BYは違いますが、同じ「うまからまんさく」を58度の燗酒でいただきました。

冬の寒い日にお風呂に入って体が温まり、湯気を感じるような、そんな「お風呂感」のある酒。

軽やか。甘い香り、コクを感じたあとさっと切れる。ストンと落ちるように切れる。
その後、舌にじわっとアルコールの感触、苦味、ちょっと収斂味が残る。

温めると表情が変わる。燗酒が素晴らしくおいしい。うま味がすごく引き立つ。

シンプルなシェイプの素焼きのような印象。素材を感じ、素朴でやさしく、力強い。

(テイスティング日: 2019年4月14日)

ラベル情報

商品名まんさくの花 旨辛口純米酒 うまからまんさく
醸造元日の丸醸造(秋田県横手市)
特定名称特別純米酒
原材料米(国産)、米麹(国産米)
酒造年度-BY
原料米秋の精
精米歩合55%
酵母-
アルコール度数16度
日本酒度-
酸度-
アミノ酸度-
製造年月2018-04
杜氏-
その他情報-
商品ページhttps://hinomaru-sake.com/brand/umakara/

まんさくの花 旨辛口純米酒 うまからまんさく