/ 日本酒レビュー

富翁 山廃仕込み 純米 生原酒|日本酒テイスティングノート

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

富翁のきれい系山廃。フルボディーの味わいの中に、伏見らしさ、富翁らしさが感じられます。

冷酒で

まずは冷蔵庫から出してすぐ、5〜10度の温度帯で。

まろやかなアタック、透明感のある甘味がしっかり。しっかりとした酸味が広がり、うま味とミルキーな香りがやってきます。洋梨の果汁、上新粉、ミルク飴、ザラメ、やや青草の香り。長めの余韻には酸味がじわりと。ミルク飴、生クリーム、ザラメの香りが残ります。

燗酒で

「これは燗酒にしたい」と思い、湯煎で40度に温めました。

上立ち香はウエハースの香り。全体的にふんわりとした味わいの中、酸味と香りが際立ちます。柔らかく優しい口当たり。米を感じさせる甘味がしっかり、しかし上品に広がります。その後すぐに強い酸味がやってきます。杏、白玉粉、熟したフルーツ、洋梨のコンポート、ややミルク飴の香り。余韻は長く、ややひりりとした酸味。ミルキーな余韻、ウエハースの香り。苦味。

ミルキーで米米しい料理との相性がよい

冷酒では、みたらし団子やわらび餅の黒蜜がけとよく合うでしょう。燗酒では、茶碗蒸しやウエハース、グラタン、おこげなど、ミルキーさやデンプンの香味を持つ料理と相性がよいでしょう。

(テイスティング日: 2018年1月10日)

ラベル情報

商品名富翁 山廃仕込み 純米 生原酒
醸造元北川本家(京都府京都市伏見区)
特定名称
原材料米、米こうじ
醸造年度-BY
原料米山田錦100%
精米歩合68%
酵母-
アルコール度数17度
日本酒度-
酸度-
アミノ酸度-
製造年月2017-06
杜氏-
その他情報-
商品ページ-

富翁 山廃仕込み 純米 生原酒