/ 日本酒レビュー

富翁 純米吟醸 祇園小町|日本酒テイスティングノート

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

京都らしいネーミング。やわらかでやさしい印象の飲みやすいお酒です。

ややとろりとしたテクスチャー。上品で包み込まれるような、上白糖のような甘味。しっかりとしたさわやかな酸味が広がる。イチゴ、ウリ、メロンの香り。白玉粉や麹の上品で白い米の香り。切れはよく、余韻には穏やかなメロンの香り。

豆腐ようと麹感でハーモニー

豆腐ようと合わせました。酒の麹感とよく合いました。

豆腐ようと合わせる

ぬる燗で

(2018-11-06 追記)

伏見Sakezo's Barにて、45度位のぬる燗でいただきました。

酸味を感じながら、やわらかい印象。いつまでも飲み続けられそうです。乳酸系の香り、アプリコットの香り。軽やかでややオイリーな香り、米の香り。甘味、酸味、やわらかく味幅があるお酒。やわらかな苦味で切れ、うま味、苦味、アプリコットの香りが余韻に。

(テイスティング日: 2018年1月28日)

ラベル情報

商品名富翁 純米吟醸 祇園小町
醸造元北川本家(京都府京都市伏見区)
特定名称純米吟醸酒
原材料米、米こうじ
醸造年度-BY
原料米国内産米100%
精米歩合58%
酵母-
アルコール度数15度
日本酒度-
酸度-
アミノ酸度-
製造年月2017-11
杜氏-
その他情報-
商品ページ-

富翁 純米吟醸 祇園小町 裏ラベル