/ 日本酒レビュー

富翁 大吟醸 山田錦|日本酒テイスティングノート

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

(2016年6月12日)

酒処・京都伏見の北川本家のお酒。富翁の大吟醸山田錦。

全体的にバランスのとれた味わいです。リンゴのような華やかな香りが高く、上立ち香でも口中香でも感じられます。とくに口の中から鼻に抜けていく香りが華やかです。軽やかでバランスの取れた味わいは、京都らしい上品さを感じさせます。

2016年6月に開催した、酒造りを学べる謎解きゲーム、ナゾトキ×モノヅクリ「失われた日本酒を求めて!」で、謎解きを達成したチームの成果物として選んだお酒の一つです。

香り高く、バランスの取れた味わい

一合の利き猪口でテイスティングしました。飲用温度は10度前後です。

リンゴの華やかでフルーティーな香りがしっかりと感じられます。その奥に、米由来の白玉粉のような香り、刺激のないヨーグルトの香りがかすかに感じられます。口当たりはやわらかくシルキー。含み香に米のデンプンの香りをほのかに感じます。やさしく控えめな甘味、繊細な酸味と細かい苦味はしっかりとしていて、よいキレを演出します。酸味とほんのわずかな旨味が余韻に残ります。

和食に合わせたい

和食に合わせたいな、と思うお酒です。華やかな香りが高いので、湯葉や豆腐、白身魚に合わせたいです。単独で楽しむのも良いでしょう。重い味のものやチーズなどにはあまり合いません。チーズと合わせてみたところ、やはりお酒が負けてしまいました。

香りを楽しむために、大きめのおちょこかワイングラスで飲むのがよいでしょう。

ラベル情報

  • 商品名: 富翁 大吟醸 山田錦
  • 醸造元: 北川本家(京都府京都市伏見区)
  • 原材料: 米、米こうじ、醸造アルコール
  • 醸造年度: -BY
  • 原料米: 兵庫県産山田錦100%*
  • 精米歩合: 39%
  • 酵母: -
  • アルコール度数: 15
  • 日本酒度: +5.0*
  • 酸度: 1.1*
  • アミノ酸度: 0.9***
  • 製造年月: 16.05
  • 杜氏: 田島善史**
  • その他情報: -
  • 商品ページ: http://www.tomio-sake.co.jp/syouhin/nihonshu/04.html

ラベル以外の情報源