/ 日本酒レビュー

落ち着いた甘味と切れ、氷温長期熟成「富翁 大吟醸生原酒 たれくち」レビュー

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

富翁の大吟醸袋搾り。その中で圧力をかけずに醪の自重だけで搾ったお酒です。こちらをさらに9年半、酒販店の氷温の冷蔵庫で寝かせたものです。

さらりとしたやさしい口当たり。しっかりとした酸味。その酸味に負けない丸みを帯びた甘味。10年熟成させたとは思えないきれいさ。

あんずのような落ち着いた甘味を感じさせる香り。ザラメ、白玉粉の香り。キュッとした苦味でさっと切れる。後味に苦味、やや収斂感。余韻はオレンジピールの香り。

富翁 大吟醸生原酒 たれくち

わらび餅とともに

下鴨にある「京菓子司 笹屋吉清」のわらび餅と合わせました。黒蜜ときなこがハーモニーを奏でるわらび餅。このお酒は蜜に合うかと思いきや、きなこに合いました。

わらび餅

富翁 大吟醸生原酒 たれくち

(テイスティング日: 2017年9月26日)

ラベル情報

  • 商品名: 富翁 大吟醸生原酒 たれくち
  • 醸造元: 北川本家(京都府京都市伏見区)
  • 特定名称: 大吟醸酒
  • 原材料: 米、米こうじ、醸造アルコール
  • 醸造年度: -BY
  • 原料米: 兵庫県産山田錦
  • 精米歩合: 39%
  • 酵母: 自社酵母
  • アルコール度数: 17-18度
  • 日本酒度: +3
  • 酸度: 1.2
  • アミノ酸度: 1
  • 製造年月: 20-03
  • 杜氏: 田島善史
  • その他情報: 槽搾り、雫酒
  • 商品ページ: -

富翁 大吟醸生原酒 たれくち 裏ラベル

富翁 大吟醸生原酒 たれくち 裏ラベル