/ 日本酒レビュー

月の桂「酔香」、梅乃宿「酔香」飲み比べ|日本酒テイスティングノート

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

(2016年10月13日)

2つの「酔香」を飲み比べしました。酔香は京都府城陽市の酒販店、マルマン酒店のプライベートブランドです。同じブランドを3つの酒蔵に造ってもらっているそうです。

今回は酒を飲んで目に浮かんだ情景も書いてみました。

月の桂の酔香

黄色く染まったイチョウ並木、落ち葉を踏みながら歩いてゆく。遠くには煙突が見える。

上立ち香は柑橘系の香り。口に含むとソフトで軽やかなテクスチャー。米、白玉粉、ちょっと粉っぽいデンプンを感じさせるテクスチャ。

口中香は熟したみかん汁の香り。透明感のある甘み。うま味、コクがある味わい。鼻に抜ける軽やかな梨の香り。キレはよい。余韻のアルコールの刺激がじわり、しかし上品にひろがる。

梅乃宿の酔香

昭和の歓楽街。雨の中、ぼんやりと光る色とりどりのネオンの灯り。

上立ち香は感じられない。口当たりはとろりとしるが、舌にじわりと刺激が来る。柑橘の爽やかな酸味。蜜のような甘味。白玉粉や餅の香り。苦味は強く、キレが良い。甘みが余韻に残る。

月の桂「酔香」、梅乃宿「酔香」飲み比べ

月の桂「酔香」ラベル情報

  • 商品名: 月の桂 純米吟醸酒 生酒 酔香
  • 醸造元: 増田徳兵衛商店(京都市伏見区)
  • 原材料: 米(国産)、米麹(国産米)
  • 醸造年度: -BY
  • 原料米: 五百万石
  • 精米歩合: 50%
  • 酵母: -
  • アルコール度数: 17度
  • 日本酒度: +4
  • 酸度: 1.6
  • アミノ酸度: 1.4
  • 製造年月: 2016-07
  • 杜氏: -
  • その他情報: -
  • 商品ページ: -

梅乃宿「酔香」ラベル情報

  • 商品名: 梅乃宿 純米吟醸酒 生酒 酔香
  • 醸造元: 梅乃宿酒造(奈良県葛城市)
  • 原材料: 米(国産)、米麹(国産米)
  • 醸造年度: -BY
  • 原料米: 五百万石
  • 精米歩合: 60%
  • 酵母: -
  • アルコール度数: 17度
  • 日本酒度: +4
  • 酸度: 1.6
  • アミノ酸度: 1.4
  • 製造年月: 2016-07
  • 杜氏: -
  • その他情報: 無圧力直汲み 生原酒
  • 商品ページ: -

月の桂「酔香」 裏ラベル

梅乃宿「酔香」