/ 日本酒レビュー

澤屋まつもと 純米吟醸|日本酒テイスティングノート

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

京都・伏見の松本酒造の「澤屋まつもと」。酒米は雄町を使っています。松本酒造は伏見の濠川沿いのきれいに手入れされた木造の蔵が有名です。

「澤屋まつもと 純米吟醸」は、とても軽やかな、エアーのような口当たりのあとに、しっかりと味がくるお酒です。

2016年6月に開催した、酒造りを学べる謎解きゲーム、ナゾトキ×モノヅクリ「失われた日本酒を求めて!」で、謎解きを達成したチームの成果物として選んだお酒の一つです。

とても軽やかな口当たりで、上品なまとまりの香りと味

香りは控えめ。その中でみかんのような香りとハーブの香りが感じられます。シンプルな香りです。アタックは弱め、テクスチャは空気のように軽やかです。甘味、酸味、苦味のバランスが取れています。旨味は控え目です。含み香はアプリコットのようなやや重めのフルーツ、そしてみかんの香り。余韻はやや長く、どっしりと来ます。旨味と酸味が残ります。

ラベル情報

  • 商品名: 澤屋まつもと 純米吟醸
  • 醸造元: 松本酒造(京都府京都市伏見区)
  • 原材料: 米、米麹
  • 醸造年度: -BY
  • 原料米: 雄町
  • 精米歩合: 55%
  • 酵母: 14号系*
  • アルコール度数: 15度
  • 日本酒度: -
  • 酸度: -
  • アミノ酸度: -
  • 製造年月: 2015.05
  • 杜氏: -
  • その他情報: -
  • 商品ページ:

ラベル以外の情報源

  • * 販売店情報