/ 日本酒レビュー

川鶴 讃岐くらうでぃ|日本酒テイスティングノート

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

浦和にある、日本酒を造っているすべての都道府県の日本酒が飲めるお店で、香川県のお酒をいただきました。

日本全国の地酒

麹を通常の3倍量使った低アルコールのにごり酒。香川県丸亀市の名物、骨付鳥にあうように造られたお酒で、グリル料理によく合います。

鶏肉のチリソースに合わせる

鶏肉のチリソースを頼んだので、合うお酒を、ということで注文。

合う! ホットペッパーを包み込む感じ

讃岐くらうでぃ

乳酸菌飲料のような爽やかな味わい

サラリとしたシルキーな口当たり。乳酸菌飲料の香り。そしてちょっとすだちの香り。味わいはやさしい酸味と麹感の強い甘味。余韻も乳酸菌飲料の香り。アルコール感がわからないくらいの爽やかさ。余韻に少しレモンっぽい酸味。

讃岐くらうでぃ

バーベキューにもピッタリの日本酒です。

(テイスティング日: 2017年6月13日)

ラベル情報

  • 商品名: 川鶴 讃岐くらうでぃ
  • 醸造元: 川鶴酒造(香川県観音寺市)
  • 原材料: 米こうじ(国産米)、米(国産)、醸造アルコール
  • 醸造年度: -BY
  • 原料米: -
  • 精米歩合: -%
  • 酵母: -
  • アルコール度数: 6度
  • 日本酒度: -
  • 酸度: -
  • アミノ酸度: -
  • 製造年月: 2017-05
  • 杜氏: -
  • その他情報: 麹を3倍使用して生まれた低アルコールの日本酒
  • 商品ページ: -

讃岐くらうでぃ