/ 日本酒レビュー

三笑楽 蔵出し濁酒 生(20年熟成)|日本酒テイスティングノート

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

自家熟成酒

平安日本酒フェスティバルの日本酒BARあさくらブースにて。ものすごい自家熟成酒があったので迷わず注文しました。米のしっかりしたフレーバーと熟成香、酸味・甘味・苦味のバランスが複雑なとても個性的なお酒です。

味噌汁のような外観

色調は、熟成が進んで濁った紅茶のようなブラウンです。約20年の熟成です。大きめの米のかけらが見えます。もう、味噌汁のようです。

三笑楽 蔵出し濁酒 生

米と熟成を感じさせる香り

熟成を感じさせる芳醇で複雑性のある香り。カシューナッツのような米由来の香り。オレンジピールの香り。コーヒーのような熟成を感じさせる香り。余韻・戻り香りにはプルーンのようなドライフルーツの香り

酸味・甘味ともしっかりとした味わい

第一印象は蜜のような丸い甘味。熟成香と相まって飴、とくにコーヒー飴のよう。しっかりとした酸味が口の中を上がり、下にピリピリとした残像を残します。酸味と苦味でオレンジピールのニュアンスを感じたあと、米の香り、熟成香を感じます。後味は落ち着いた甘味と熟成香でドライフルーツのようなフレーバー、細い苦味と酸味は少し残ります。

「濁酒」とありますが、ラベルには「清酒」との表示。「こす」工程を経ています。

(テイスティング日: 2017年9月3日)

ラベル情報

  • 商品名: 三笑楽 蔵出し濁酒 生
  • 醸造元: 三笑楽酒造(富山県南砺市)
  • 原材料: 米、米こうじ、醸造アルコール
  • 醸造年度: -BY
  • 原料米: 山田錦
  • 精米歩合: 70%
  • 酵母: -
  • アルコール度数: 18-19度
  • 日本酒度: -
  • 酸度: -
  • アミノ酸度: -
  • 製造年月: 1998-02
  • 杜氏: -
  • その他情報: 酒精19度未満、山廃仕込み
  • 商品ページ: -

三笑楽 蔵出し濁酒 生

三笑楽 蔵出し濁酒 生