/ 日本酒レビュー

赤い日本酒「伊根満開」とチョコレートのマリアージュ

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

赤い日本酒「伊根満開」

赤くて甘い日本酒はいくつかあるけれども、その中でも大好きなのが「伊根満開」。京都府北部の伊根町で栽培された古代米を使って醸されています。

伊根満開の味と香り

このお酒の特徴は、他のこの系統の酒にはない軽やかさ。甘味はしっかりありますが、熟成したフルーツのような酸味とほのかな苦味、紅茶のような渋味に支えられ、軽快な甘味を楽しめます。

クランベリーやカシスのようなベリー系の香りが主体で、その奥から炒った米の香りをほのかに感じることができます。

以前のテイスティングノートでは「チョコレートに合わせたい!」というコメントで締めくくりましたが、ついにチョコレートと合わせるチャンスに恵まれました。

チョコレートと合わせる

今回合わせたのは Pierre Marcolini の2種類のチョコレート。お酒と食べ物をあわせる基本の「ハーモニー」と「マリアージュ」の両方が楽しめました。

同調とは同じ種類の香りや味のものを合わせること、マリアージュとは2つの違った香味を合わせると第3の新しい香りや味が生まれる、という方法です。

ハーモニー

写真手前のハート型。Cœur Franboise (クール フランボワーズ)。「ホワイトチョコレートの中にフランボワーズで香りづけしたビターガナッシュ」。伊根満開のベリー系の香りとの同調を楽しめました。

マリアージュ

奥の白いものは Pastel Citron Vert Chocolat Blanc (パステル シトロンヴェール ショコラ ブラン)。「ライムで香りづけしたキャラメルソースをホワイトチョコレートでコーティング」。クリーミーな食感とミルクとカカオバターのまろやかな香り。この香りと伊根満開のベリー系の香り、フルーツのような酸味がマリアージュしました。

関連記事