/ 日本酒レビュー

都鶴 純米大吟醸 生酒|日本酒テイスティングノート

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

伏見Sakezo's Barにて、蔵元デイの振る舞い酒としていただきました。

純米大吟醸の無濾過生酒。軽やかな口当たり。やや透明感のある甘さ。メロン、うり、すだちの香り。渋味でさっと切れ、余韻の酸味が広がります。

(テイスティング日: 2017年10月24日)

ラベル情報

商品名都鶴 純米大吟醸 生酒
醸造元都鶴酒造(京都市伏見区)
特定名称純米吟醸酒
原材料米(国産)、米こうじ(国産米)
醸造年度-BY
原料米-
精米歩合50%
酵母-
アルコール度数16度
日本酒度+9
酸度-
アミノ酸度-
製造年月2017-09
杜氏-
その他情報-
商品ページ-

都鶴 純米大吟醸 生酒