/ 日本酒レビュー

大吟醸 南方(みなかた) 雄町|日本酒テイスティングノート

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

京都府城陽市のマルマン酒店が主催する「吟醸酒を楽しむ会」。今回は「南方」テーブルでした。

まろやかでよくキレる

南方のお酒、2杯目は雄町。どっしり、とろり、まろやかな口当たりです。リンゴの香りが控えめに、そしてオレンジピールやすだちなど柑橘系の香りも感じられます。

甘味はしっかり、酸味も強め。そして苦味もしっかりとしており、よくキレます。余韻にはすだちの香りとアルコール感が残ります。

雄町を推していく南方

同席した世界一統の方のお話によると、和歌山県は米どころではなく、地元の米はあまり使っていないそうです。そして、これからは備前産の雄町を推していく、とのことでした。

(テイスティング日: 2017年6月18日)

ラベル情報

  • 商品名: 大吟醸 南方 雄町
  • 醸造元: 世界一統(和歌山県和歌山市)
  • 原材料: 米(岡山県産)、米こうじ(岡山県産米)、醸造アルコール
  • 醸造年度: -BY
  • 原料米: 岡山県産雄町全量使用
  • 精米歩合: 50%
  • 酵母: -
  • アルコール度数: 17度
  • 日本酒度: +2.0
  • 酸度: 1.2
  • アミノ酸度: -
  • 製造年月: 2017-06
  • 杜氏: -
  • その他情報: -
  • 商品ページ: -

世界一統 南方