/ 日本酒レビュー

乳っぽくどっしりとしたお酒!車坂 山廃純米 五百万石|日本酒テイスティングノート

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

(2015年12月29日)

ふくよかな香りとコクのある味わい

日本酒レッスン「漆器と日本酒」でもお出しした車坂の山廃純米。乳製品を思わせるふくよかな香りと力強いコクのあるお酒です。

力強く、乳製品を思わせる香り

ミルク飴、発酵バター、バタークリームなど乳製品系のふくよかな香りが強めです。この系統の、私が言う「乳っぽい」お酒が好きな人にはたまらない日本酒です。

柔らかい口当たりにしっかりした味わい

口当たりは柔らかく、ちょっと軽めな感じ。でもその後に来る味がどっしりしていて、口当たりの良さとのコントラストが印象的です。

そして味わいの中身は、濃醇。甘味、酸味ともとても強く、特に乳酸の横にじわっと広がる酸味。安心感さえ感じます。苦味はやや強め、そしてとても強いどっしりとしたうま味が余韻を残します。そして旨味とともに乳製品の香りが余韻を残し、酸味と苦味がキレの良さを演出します。良いね!

味わいの曲線の美しさについて

味はしっかりしているけど、口当たりが柔らかい、と言うのは、私はおいしいお酒の特徴の一つだと思っています。時系列で見るとなめらかな曲線を描いてダイナミックに味の感じ方が立ち上がるのです。

ぬる燗を試してみた

最初は10度位の温度で飲んでいましたが、すぐに「これは、燗にして飲んでみたい!」と思いました。

さっそく40度に温めてみると、口当たりはさらに柔らかく、乳っぽい香りがより引き立てられました。50度位に温めてもいいかもしれないです。

肉やチーズと合わせたい

「車坂 山廃純米 五百万石」は、レアで焼いた牛肉や、鹿肉のたたき、それから、ウオッシュタイプのチーズにあわせたいと思いました。

また、発酵バターを使ったタルト生地の料理、例えばキッシュなどと、このお酒の乳製品の香りのハーモニーを楽しみたいですね。料理とあわせるときは温めることをおすすめします。

ラベル情報

  • 商品名: 「車坂 山廃純米 五百万石」
  • 醸造元: 吉村秀雄商店(和歌山県)
  • 原料米: 五百万石
  • 精米歩合: 65%
  • アルコール度数: 16.0

参考サイト