/ 日本酒レビュー

小左衛門 特別純米 信濃美山錦 極薄濁り 特別バージョン 悪うさぎ|日本酒テイスティングノート

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

名古屋の高島屋催事会場に「肴糀醸やしろ」さんが出店とのことで伺いました。「日本の酒蔵展」という催し物です。

ちょっとだけお酒を飲んでこだわりの食材と合わせる。幸せな土曜の昼下がりでした。

軽やかで爽やか、味が乗っている上品な薄濁り

DSCF1439-0960

極薄い山吹色がかったごく薄く濁ったにごり酒。

口に含むと、爽やか。スイスイと飲みやすく、甘味とコクがある。「夏酒」と呼びたい。

軽やかで上品なテクスチャ。爽やかな酸味。軽い乳酸菌飲料の印象。濁り由来の粉っぽさはごくほのかで心地よい。濁り具合が絶妙なので、味わいや香りから来る全体的な印象はクリアに仕上がっている。コクを感じさせる甘味。柑橘、グレープフルーツよりの香りに、ほのかにメロンの香り。

切れはよく、柑橘ピールのような苦味、さわやかな酸味、アルコールの清涼感が余韻に。残り香は乳酸菌飲料、柑橘果汁、ミルク飴。

うま味のおつまみセットと

「やしろセット」と合わせました。

DSCF1433-0960

左から、

ミニトマトのピクルス
中島豆腐 イタリアのオリーブオイルと伊勢志摩の真珠塩
鞍掛大豆浸し豆

ミニトマトのピクルスは浅く漬かっていて、トマトのフレッシュさを残して口当たりはやわらか、旨味が上がっています。岐阜県中津川市の中島豆腐はとてもクリーミー、オリーブオイルのよい香り。鞍掛大豆はうま味たっぷり、こちらは肴糀醸やしろさんの定番です。

トマトのピクルスと合わせると、酒の酸味とトマトの酸味が対等に向き合い、酒の甘味と旨味をピクルスが引き上げます。微妙なバランスが合って、相性が感じられました。

クリーミーで刻のある中島豆腐には、酒が柑橘ソース、フルーツソースの役割をしてよいハーモニーを奏でます。また、豆腐のコクが引き立てられました。とても良く合う組み合わせです。

鞍掛大豆の浸し豆。酒が豆のうま味を際立たせ、引き上げました。いろいろなお酒に合う料理です。

(テイスティング日: 2018年5月26日)

ラベル情報

商品名小左衛門 特別純米 信濃美山錦 極薄濁り 特別バージョン 悪うさぎ
醸造元中島醸造(岐阜県瑞浪市)
特定名称特別純米酒
原材料米(国産)、米麹(国産米)
醸造年度29BY
原料米信濃美山錦100%
精米歩合55%
酵母-
アルコール度数16.5度
日本酒度+4
酸度-
アミノ酸度-
製造年月2018-03
杜氏-
その他情報無濾過・生
商品ページ-

DSCF1437-0960