/ 日本酒レビュー

喜楽長 酒門 三方良し 純米吟醸|日本酒テイスティングノート

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

爽やかな酸味のある軽やかなお酒

外観はほぼ無色。軽やかな口当たりで、甘味はそんなに感じられません。爽やかな酸味が柑橘の果汁を思わせます。味わいの曲線は軽く上がり、さっと切れます。

すだちの香り、ほのかにメロンの香り。切れ方が心地よく、まるで砂浜に吸い込まれる波のようです。後味に太い苦味、やや収斂感が感じられます。

白身のお造りによく合いました。爽やかな酸味が白身のシンプルな味わいを引き立てます。

お造り

(テイスティング日: 2017年9月20日)

ラベル情報

  • 商品名: 喜楽長 酒門 三方良し 純米吟醸
  • 醸造元: 喜多酒造(滋賀県東近江市)
  • 原材料: 米(国産)、米麹(国産米)
  • 醸造年度: -BY
  • 原料米: 麹米・酒母米 山田錦50%精米、掛米 滋賀渡船六号 60%精米、原料米使用割合、滋賀渡船六号75%、山田錦25%
  • 精米歩合: 60%
  • 酵母: -
  • アルコール度数: 17度
  • 日本酒度: -
  • 酸度: -
  • アミノ酸度: -
  • 製造年月: 29-
  • 杜氏: -
  • その他情報: -
  • 商品ページ: -

喜楽長 酒門 三方良し 純米吟醸