/ 日本酒レビュー

喜楽長 無濾過直汲み生酒 特別純米酒 日本酒テイスティングノート

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

今から5年ほど前。酒を飲んで感じたままに感想を書いていた頃のノート。まだきき酒の勉強も始めていなかった。

これを読み返してハッとした。勉強した今よりも、この頃のほうが、のびのびと五感で感じたことを表現できている。ただひたすらおいしいお酒に出会い、感動していた日々。

この頃の自分を忘れずに、心でテイスティングしていこう!

テイスティングノートより

2011年11月15日

喜楽長 無濾過直汲み生酒 特別純米酒。試飲会を経て、これを生酒で、と評判だったタンクNo.309のもの。とろりとしっかりした甘さ。控えめだけど面白い酸味。ランダムな太さの酸味がランダムなタイミングでやってくる。あとから鼻腔に丁寧に広がる。

喜楽長 無濾過直汲み生酒 特別純米酒

2012年2月16日

滋賀 喜多酒造。喜楽長。特別純米無濾過生原酒。甘くてコクがあります

喜楽長 特別純米無濾過生原酒