/ 川鶴

川鶴 讃州オオセト55 特別純米 無濾過生原酒 日本酒テイスティングノート

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

新大阪駅のエキナカにある日本酒バー「スギノタマ」で昼呑み。

店の外壁には一升瓶が、それもなかなかなラインナップの一升瓶が並んおり、気分が上がります。

スギノタマ 新大阪店外観

京都では見つけにくい川鶴を見たので注文!アテが数種ついた「昼呑みセット」とともにいただきました。

この日の川鶴は「讃州オオセト100%」。オオセトは香川県の酒米。同じく香川の酒米「さぬきよいまい」のお母さんです。

さっそく口に含んでみると、とろりとした口当たり強い甘み力強く上がってくる酸味。旨味もしっかりしている。苦味は中程度。

アプリコットのような落ち着いたフルーツの香りの奥から、ミルク飴上新粉のような米由来の香りがのぞきます

アテ盛り合わせ

これが一緒に頼んだ昼呑みセットのアテ盛り合わせ。かなり広範囲をカバーしています。

この中で川鶴オオセトに合ったのは右奥の鶏天。強い甘味と酸味が揚げ物の口になります。

欲を言うなら、讃岐のうどん屋の天ぷらに合わせたい!れんこんの天ぷらと、ちくわの磯辺揚げに合わせたい!

今回は10度くらいの温度帯でいただきましたが、45〜50度くらいに温めてもいけそうだと思いました。

大好きだけど地元であまり飲む機会がないオオセト100%の川鶴が飲めたので、大阪まで出てきた甲斐があったというものです。

ラベル情報

  • 商品名: 讃州オオセト55 特別純米 無濾過生原酒
  • 醸造元: 川鶴酒造(香川県観音寺市)
  • 原料米: 讃州オオセト
  • 精米歩合: 55%
  • 日本酒度: +5
  • 酸度: 2.0
  • 醸造年度: H27BY

讃州オオセト55 特別純米 無濾過生原酒 裏ラベル