/ 日本酒レビュー

招徳 純米酒 花洛 生酛|日本酒テイスティングノート

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

とろり、シャープ、うま味

とろりと入り、シャープに切れるお酒です。田んぼを連想させる豊かな香りと軽やかで米々しさを感じさせます。

上立ち香はミルク飴、杏、炊いた米。とろりとした力強い口当たり。蜜のような丸い甘味は上品で透明感がある。やや乾いた感じの酸味。しっかりとしたうま味。杏、炊いた米、すだちの香り。さっと切れて、余韻は長め。はちみつ、柚子ピール、すだちの香り。

おでんに合う

おでんとよく合いました。特に牛すじ。うま味の相乗効果です。おでんのかつおだしと合わせると、酒のはちみつの香りが引き立ちました。アサリなど貝の酒蒸しやブイヤベースにも合わせたいお酒です。明太子と合わせてもいいかも。

960_DSCF5654

(テイスティング日: 2018年1月28日)

ラベル情報

商品名招徳 純米酒 花洛 生酛
醸造元招徳酒造(京都府京都市伏見区)
特定名称純米酒
原材料米、米麹
醸造年度-BY
原料米国産米(京都西山農場産米)100%
精米歩合60%
酵母-
アルコール度数-度
日本酒度-
酸度-
アミノ酸度-
製造年月16
杜氏-
その他情報-
商品ページ-

招徳 純米酒 花洛 生酛 裏ラベル