/ 日本酒レビュー

而今 大吟醸|日本酒テイスティングノート

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

イエローグリーンの500ml瓶

最近良く見かける、「中央会500」という500mlの瓶に入っています。この色(イエロー・グリーン)は結構好きなんです。このお酒は全国新酒鑑評会出品酒ということで、審査に出す時に10本提出する時のものと同じサイズを選んだのでしょう。500mlという量は、2〜3人の飲みきりサイズ。毎日の食卓にちょうどよいかもしれません。

上品で滑らか、しっかりとした味わい

色調は淡いイエロー。透明感がある。ふんわり、とろりとしてベルベットのように繊細でやさしいテクスチャー。上立ち香はリンゴ、白玉粉の香り。口中香はリンゴ、あんず、白玉粉、すだちの香り。味わいはしっかりとしています。米を感じる上品な甘味と細い酸味。後味にややうま味と甘味、苦味と渋味は上品、アルコール感がややひりひりと残ります。余韻は長めです。すだちの香りが心地よく残ります。

瀬戸内の料理とあわせてみる

いろいろな料理と合わせてみました。

而今大吟醸と料理

まずはゆでたタコ。瀬戸内の地のものです。これは合いました。タコのうま味が引き立てられました。ナスの煮浸し。出汁のうま味と同調してよく合いました。ちらし寿司は、そのほのかな甘味と豊かな香りと調和しました。

而今 大吟醸

こちらはきゅうりとナスの辛子漬け。讃岐の郷土料理です。辛子の刺激を酒が包み込みました。酒の香りのように、辛子の爽やかな香りが口の中を上がります。両者、爽やかさを高め合うペアリングです。

(テイスティング日: 2017年9月17日)

ラベル情報

  • 商品名: 而今 大吟醸
  • 醸造元: 木屋正酒造(三重県名張市)
  • 原材料: 米(国産)、米麹(国産米)、醸造アルコール
  • 醸造年度: -BY
  • 原料米: 兵庫県産 山田錦 100%
  • 精米歩合: 40%
  • 酵母: -
  • アルコール度数: 17度
  • 日本酒度: -
  • 酸度: -
  • アミノ酸度: -
  • 製造年月: 2016-11
  • 杜氏: 大西唯克
  • その他情報: 斗瓶取り 全国鑑評会出品酒
  • 商品ページ: -

而今 大吟醸