/ 日本酒レビュー

春鹿 木桶造り 山廃純米生原酒 露葉風|日本酒テイスティングノート

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

東京滞在中に「関西の酒が飲みたい!」とデパートで購入したのがこのお酒、「春鹿 木桶造り 山廃純米生原酒」。

ワインボトルのような肩のあるボトルで、注ぐときにコトコトと心地よい音。

色は淡い山吹色、味わいはしっかりボディ感があってバランスが良く、乳製品の香りが心地よいお酒。食事と一緒に楽しみたいお酒です。原酒ですがアルコール度数が16度と飲みやすいのもいいですね。

ふくよかでさわやかな乳製品の香り

チーズやヨーグルトの「乳製品を思わせる香り」が主体で、その奥に白玉粉のような米のデンプンの香りやしっとりしたカシューナッツの香りもほのかに感じました。

冷やしても温めても楽しめる

口当たりはややとろりとしていますが、その後キュッと締まる感触がきて、乳酸系の力強い酸味の余韻が楽しめます。

甘味、酸味、苦味、旨味とも強く、バランスが取れた味わいになっています。

夏に冷やして飲んで清涼感を楽しむのもよし、40度位のぬる燗にして香りとやわらかなテクスチャを楽しむのもよし。いろいろ飲み方を工夫して楽しめるお酒だと思いました。

天ぷらなど揚げ物やチーズに合わせたい

力強い甘味と酸味、これはワカサギや鮎の天ぷら、とんかつなど、揚げ物にピッタリです。甘酸っぱいソースをかけるタイのさつま揚げとも合わせたい。

その他、チーズやぬか漬けにも合わせていただきたいですね。

(テイスティング日時: 2015年12月24日)

ラベル情報

  • 商品名: 春鹿 木桶造り山廃純米生原酒 露葉風
  • 醸造元: 今西清兵衛商店(奈良県)
  • 原料米: 露葉風
  • 精米歩合: 70%
  • アルコール度数: 16度
  • 酸度: 3.0
  • 日本酒度: -10
  • 製造年月日: H27.10