/ 日本酒レビュー

八海山 純米吟醸 雪室貯蔵三年|日本酒テイスティングノート

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

雪室で3年間熟成

八海山を醸す八海醸造がある魚沼に古くから伝わる「雪室」と呼ばれる食料貯蔵庫で3年間熟成させた日本酒。雪室では大量の雪を蔵の中に収納、3度前後の低温が安定的に保たれる。酵素の働きは止まらず、ゆっくりと熟成する温度だ[1]

雪室は明治から昭和30年代にかけ、北陸地方を中心に日本海側沿岸に広く見られた貯蔵施設である[2]。八海山の雪室は2013年に竣工したモダンな雪室で、貯雪量は1000トンと巨大。1年を通して温度のムラが少ない。その中には貯蓄タンクが20本、雪がある部分から送風することによって温度を保っている[3]。カフェやショップも併設されている。訪問したい。

混じりけのない雪の白さをイメージさせるボトルトラベル

白ボトル。シンプルなラベルには毛筆体で「八海山」その下には新聞に使われるようなスタイルの文字。日本海側の雪の無垢な白さ、雪室の安定した低温をイメージさせるデザインである。

全体的にバランスの取れた、軽やかなお酒

透明感のあるクリアでクリスタルの色調。柔らかな口当たりから口の中では軽やかに流れる。さっと上る酸味でキレが良く、余韻が長く続く。

爽やかで上品な印象。すだちや杏の華やかな香りだが控えめ、余韻にはこれらに加え白玉粉の上品な香り。1001号、M301酵母らしくなく香りは控えめ。やわらか甘みを感じ、上品だが力強い苦味、口の中をさっと上るよううな軽やかな酸味。同時によく切れる。長めの余韻では柑橘果汁のような酸味と香りが持続。

3年熟成だが、老ね香や熟成感はほとんど感じられなかった。熟成前のものを飲んでいないので想像になるが、香りが穏やかになり、甘味が落ち着いたのだろう。

8から12度でワイングラスで飲用したい。白身魚の塩焼きやミルキーさの少なめの生牡蠣、焦がしバターの芳香が高いフィナンシェと合わせたい。

八海山純米吟醸雪室貯蔵3年

酒カリエンテ京都にて。

(テイスティング日: 2017年8月20日)

ラベル情報

  • 商品名: 八海山 純米吟醸 雪室貯蔵三年
  • 醸造元: 八海醸造(新潟県南魚沼市)
  • 原材料: 米(国産)、米こうじ(国産米)
  • 醸造年度: -BY
  • 原料米: 山田錦(麹米)ゆきの精・五百万石(掛米)
  • 精米歩合: 50%
  • 酵母: 協会1001、M310
  • アルコール度数: 17度
  • 日本酒度: -1
  • 酸度: 1.5
  • アミノ酸度: 1.3
  • 製造年月: 2017-03
  • 杜氏: -
  • その他情報: -
  • 商品ページ: http://www.hakkaisan.co.jp/sake/yukimurocyozousyu

八海山純米吟醸雪室貯蔵3年


  1. 雪室貯蔵酒|八海山醸造 ↩︎

  2. 池上 佳芳里, 北陸地方における雪室の分布とその盛衰, 地理科学, 1999, 54 巻, 2 号, p. 126-137 ↩︎

  3. *土田 義勝, 佐々木 賢知, 伊藤 親臣, 雪冷房機能を併せ持つ雪室の温度状況 (第1報)施設概要と性能確認, 空気調和・衛生工学会大会 学術講演論文集, 2014, 2014.3 巻, 平成26年度大会(秋田)学術講演論文集 第3巻 空調システム 編, セッションID J-32, p. 337-340 ↩︎