/ 日本酒レビュー

里山の棚田で作ったコシヒカリ「萩乃露 里山 純米吟醸 無ろ過生原酒 2015」日本酒テイスティングノート

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

萩乃露は滋賀県高島市にある福井弥平商店のお酒です。福井弥平商店のモットーは「酔うための酒でなく味わうための酒」とのこと。いい言葉です。

棚田で作ったコシヒカリ

ラベルには滋賀らしい広々とした青空と棚田の写真。近江高島「畑(はた)の棚田」とあります。農林水産省が選んだ「日本の棚田百選」の一つです。

そして驚いたことに、原料米は「コシヒカリ」。酒米ではなく食べる方のお米です。コシヒカリはうま味がしっかりあっておいしいお米です。でも酒造りにはうま味のもとのアミノ酸や脂質が少なく、炭水化物がたくさんあったほうがいいと言われています。

どういう味の酒になっているのだろう、と興味津々で飲んでみました。

あらまし

今回はまず、備前のぐい呑で10度位の温度でテイスティング。

ヨーグルトなど乳製品を思わせる芳醇な香りと、白玉など米の豊かな香り、その中にミントのようなさわやかな香りを感じました。

口当たりは柔らかく、とろみがあり、爽やかな甘味、上に向かって立ち上がる酸味が口の中の心地よさを演出します。アフターフレーバーに和梨やりんごの香りを感じました。

そして、さわやかな酸味がほのかに残る、キレのよい後味。

「これは!」と思いワイングラスでもテイスティングをしてみるとに。今度は上立ち香(お酒自体から立ち上がってくる香り、口の中で感じる含み香と区別する)に乳製品のほか和梨やりんごの香りを感じました。

ぐい呑で飲むときは、肉じゃがや手羽先を醤油で煮たもの、ぶり大根などと合わせたいですね。ワイングラスで飲むときはブルーチーズなどもよく合うでしょう。

テイスティングメモ

香り

  • 【ぐい呑】白玉粉、ヨーグルト、カッテージチーズ、ミント
  • 【ワイングラス】和梨、青りんご

柔らかく、とろみを感じさせる口当たり。やや強め。ジューシーな和梨を思わせる爽やかだけどとろりとした甘味。ぐいっと上に上がっていく酸味。さっと引く後味、さわやかな酸味の余韻。

参考文献・サイト