/ 日本酒レビュー

発芽玄米酒 五人娘 むすひ|日本酒テイスティングノート

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

寺田本家の発芽玄米酒、酵母は蔵付き。一緒にいるだけで胸が熱くなるお酒です。


テンアゲをリセットしてテイスティングします。

色調は濁った黄色。ロマンを感じます。(あ、まだハイな気分がリセットできてない)

平盃に発芽玄米酒 五人娘 むすひ

口に含むと、強い酸味がグーッと来る。ヨーグルトのような刺す酸味。まずホエー(乳清。ヨーグルトを置いておくと上に溜まる液体)の香りが来て、その奥から炊いた米、生米の香りを感じる。切れたあとも強い酸味がぐわっと余韻に残り、ヨーグルトやぬか漬けの香りが回る。

50度の燗酒

これは暖めねば、と50度の燗酒にしてもらいました。

軽やか! そして酸味が立ち上がる。アルコールの刺激は感じられない。深みのあるホエー感。体に良さそうな酸っぱさ。酸味の奥になにか凛としたものを感じる。蔵元の意識だろうか。

ホオズキや柿と合わせたいと思った。

ちょっとした収斂感が、野生の果物(甘くないしジューシーでないし、渋かったり苦かったりする)を思わせる。安心感がある。精製された砂糖の対極にある味わい。少しだけ、飯寿司の汁のニュアンスが感じられた。

この色!発芽玄米酒 五人娘 むすひ

お店の方が見せてくれたのがこの本。蔵元が書いた『発酵道』。さっそくポチりました。これから読みます。

発酵道


発酵道―酒蔵の微生物が教えてくれた人間の生き方
寺田 啓佐
スタジオK
売り上げランキング: 14,933

(テイスティング日: 2018年4月19日)

ラベル情報

商品名発芽玄米酒 五人娘 むすひ
醸造元寺田本家(千葉県香取郡神崎町)
特定名称
原材料米(国産)、米麹(国産米)
醸造年度-BY
原料米コシヒカリ(無農薬米)
精米歩合100%
酵母無添加
アルコール度数12度
日本酒度-
酸度-
アミノ酸度-
製造年月2017-12
杜氏-
その他情報その他の醸造酒
商品ページ-

IMG_3775-0960

IMG_3768-0960

分類は「その他の醸造酒」。玄米酒だから清酒にならないと言われていますが、金亀の玄米酒は「清酒」となっています。詳しく知りたいですね。そもそも麹も掛米も精白した米を使う「諸白」が現在の清酒のベースになっていることと関係しているかもしれません。

「むすひ」と書いて「むすび」と読みます。