/ 日本酒レビュー

扶桑鶴 純米吟醸 雄町|日本酒テイスティングノート

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

50度くらいの燗酒でいただきました。ほのかに山吹色。いい色です。

軽やかに口に入ってくるが、酸味が主体の濃醇なお酒です。

口に含むとふわっと軽やか、酸味と甘味がぐっと来て、あゝ濃いなあ。そして「うまい!」と思わずニヤついてしまう酒。乾燥した柑橘ピールの香り。蒸した米の香り。後口の、きゅっと締まる感じはフキのよう。そのままよく切れて余韻にはうま味と、いちご、ミルク飴の香りが長く滞在します。

焼き牡蠣

酒の酸味が牡蠣の味を支えます。殻に残った汁とは旨味が相乗効果でぐっと上がります。

和らぎ水は白湯

燗酒を頼むと、和らぎ水は白湯なのです。燗酒と同じ暖かさ。素敵な心遣いです。

埼玉・浦和の「和浦酒場」にて。

(テイスティング日: 2018年7月31日)

ラベル情報

商品名扶桑鶴 純米吟醸 雄町
醸造元桑原酒場(島根県益田市)
特定名称純米吟醸酒
原材料米(国産)、米こうじ(国産米)
酒造年度28BY
原料米雄町(岡山産)100%
精米歩合55%
酵母協会7号
アルコール度数15度
日本酒度+7.5
酸度1.7
アミノ酸度1.7
製造年月30-05
杜氏-
その他情報-
商品ページ-

DSCF2927-0960