/ ひやおろし

伏見 Sakezo's Bar 2011 日本酒テイスティングノート3

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

(2011年10月20日)

キンシ正宗 本醸造にごり酒

かなり濁っているのに甘さ控えめなのがよい。

キンシ正宗 本醸造にごり酒

月桂冠 ひやおろし 純米酒

オーソドックスな仕上がりのお酒。先にこちらを飲めばよかった。

月桂冠 ひやおろし 純米酒

豊澤本店「蔵纏 純米大吟醸」

山田錦を35%まで削ったものを使用。さらりとした舌触りにしっかりとした甘みと旨み。酸味との調和がとれていて、三つの味が一体となって味わえる。

蔵元の方によると、お米の外側の方にアミノ酸類が多く含まれていて、炊いて食べる時の味わいとなるが、酒を造る時は雑味になるという。

豊澤本店「蔵纏 純米大吟醸」

(2011年10月21日)

鶴正酒造 古都の雫 純米大吟醸

さらりとした飲みくち。舌根と鼻腔に染み渡る爽やかな酸味。この軽やかさは、まだ恋を知らないからにちがいない。

五山の送り火をあしらったラベルが京都らしい。

鶴正酒造 古都の雫 純米大吟醸