/ みりんレビュー

福来純 白みりん|みりんテイスティングノート

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

しぼりたての本みりん

新宿伊勢丹で開催された「ISETAN×HANDRED~つなげていきたい日本の食卓~」で出会った白みりん。この時期にしか出ない「しぼりたて」のみりんです。

通常、みりんは3年以上熟成させてから出荷されます。3年熟成の「福来純 本みりん」と10年熟成の「古々味醂」は、以前開催した「ききみりんの会」でもご紹介しました。

⭐ 関連記事→ 町家ききみりんの会を開催しました!

美しく、淡い色の外観

熟成前の本みりんをテイスティングしました。購入から3日程度、温度変化の少ない玄関に保管していました。冷蔵庫に入れると糖分が結晶化してしまうのでよくないそうです。

外観はとても淡い山吹色で白く濁っています。上品な色合いです。

米や水飴を思わせるあま~い香り

代表的な香りは米の香りです。

白玉粉や葛粉のような、デンプンを思わせる香り。餅の香り。米そのもの、炊いた米や洗ったばかりの米の香り。透明感のある水飴のような香り。そして、少しですが、はちみつやザラメの香り、オレンジピールの香りを感じました。

とても強い甘味

口当たりは非常にとろみがあり、厚みを感じさせます。甘味は非常に強く、柑橘類の皮のような苦味、そしてほのかに酸味を感じます。

甘みの強さからは、意外に思えるキレと余韻

甘みの強さからはちょっと意外に思える余韻です。少し旨味が残り、葛粉やザラメの香りが余韻に残ります。とろりとした口当たりは後を引かず、思ったよりもよいキレでした。

割ってみたら驚きのおいしさ

たまたま冷蔵庫にあった柚子酢と割ってみたところ、とてもよく合いました。飲みくちも軽やかになるし、米の香りも広がります。飲むときは酸味の高いジュースなどで割るといいですね。

白味醂

おしゃれなパンフレット

会場でいただいたパンフレット、瓶のラベルと同じデザインでした。いいアイデアですね。

パンフレットの中には、料理でのみりんの活用の方法、効果などと並んで、「みりん造り」についてもわかりやすい解説がありました。

福来純本みりんパンフレット

日本酒造りに似た味醂造りの工程

パンフレットの解説によると、みりんは日本酒の貴醸酒と似た方法で造られます。米を蒸して麹を作り、仕込んで搾る、というプロセスを経て造られます。日本酒との違いは、掛米にもち米を使うこと、仕込みに米焼酎を使うことです。もろみはおよそ100日間かけて糖化されます。

(テイスティング日: 2017年2月1日)

ラベル情報

商品名福来純 本みりん しぼりたて(白みりん)
醸造元白扇酒造(岐阜県加茂郡川辺町)
種別
原材料もち米(国産)、米麹(国産米)、米しょうちゅう
もち米たかやまもち
うるち米-
熟成期間1ヶ月以内
エキス分40度以上
アルコール度数13.5-14.5度
その他情報もち米品種は蔵元情報
商品ページ-

白みりん