/ 日本酒レビュー

大信州 仕込三十号 純米大吟醸生原酒|日本酒テイスティングノート

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

りんごの香りで口当たりは上品。繊細で少しとろやかさがあります。その後に来るのがやや強めの苦味と少し渋味。さっと切れ、アルコールの刺激が少しだけ感じられ、うま味が残ります。

地元産の米だけ使っている蔵

大信州酒造では、地元産の米だけを使って酒を使い、本社のある松本市から長野市にある酒蔵に水を運んで仕込水としているそうです。

お造りと合わせました

おまかせで出していただいたのが、このお造り。それぞれのお魚に酒盗や酢味噌などが載せられています。定番の組み合わせがあるとのこと。

一番右にあるのは醤油の実。大信州の地元、長野の名産です。大豆や米、大麦の麹を醤油に漬け込んで作るそうです。

お造り

ラベル情報

  • 商品名: 大信州 仕込三十号 純米大吟醸生原酒
  • 醸造元: 大信州酒造(長野県松本市)
  • 原材料: 米(国産)、米麹(国産米)
  • 醸造年度: 28BY
  • 原料米: 長野県産金紋錦100%
  • 精米歩合: 49%
  • 酵母: -
  • アルコール度数: 16度
  • 日本酒度: -
  • 酸度: -
  • アミノ酸度: -
  • 製造年月: 2017-02
  • 杜氏: -
  • その他情報: 長野県産契約栽培米金紋錦全量使用
  • 商品ページ: http://www.daishinsyu.com/products_shikomi

大信州