/ 日本酒レビュー

大吟醸 酒魂 手取川 吉田蔵|日本酒テイスティングノート

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

高松市「味の風 しらと」にて。

まったりとした不思議なテクスチャー。このテクスチャーはなんだろう、あ、いま食べている鱈の白子の食感と通じるものがある! ご主人はまさにこのタイミングでこの酒を出してくれたのです。

口に含みます。柔らかく入ります。まったりとした口当たりです。そして少しだけざらりとした和紙のようなテクスチャーがアクセント。甘味は控えめで、穏やかな酸味が力強い。白玉粉、すだち、杏、ほのかにミルク飴の香り。

吉田酒造点のある石川県白山市には、著名な酒蔵が幾つかありますが、それらに共通する「白山らしさ」をどこか感じます。白いイメージの味わいの酸味がそれかもしれない、と思いました。

こちらが合わせた鱈の白子のおかき。このほか、カツオ昆布だのだし汁にも合いました。

960_IMG_4639

960_IMG_4825

(テイスティング日: 2017年12月28日)

ラベル情報

商品名大吟醸 酒魂 手取川 吉田蔵
醸造元吉田酒造店(石川県白山市)
特定名称大吟醸酒
原材料米(国産)、米こうじ(国産米)、醸造アルコール
醸造年度-BY
原料米-
精米歩合45%
酵母-
アルコール度数15度
日本酒度-
酸度-
アミノ酸度-
製造年月2017-07
杜氏-
その他情報出荷年月 2017-08 「石川県の伝統とモダン、そして米・水(自然)・人(地域)、全てが繋がっていき、還元していけるような循環サイクル型の酒造り、酒蔵を目指しています。」
商品ページhttp://tedorigawa.com/item/item-category/yoshidagura/

960_IMG_4827

手取川 大吟醸 吉田蔵 720ml
吉田酒造店
売り上げランキング: 48,426