/ 日本酒レビュー

天の戸 純米吟醸 夏田冬蔵〈こま美〉|日本酒テイスティングノート

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

力強く、ややとろりとしたテクスチャー。酸味がしっかり、それでいて柑橘を思わせる爽やかさ。透明感のある甘み。メロンやウリの落ち着いた甘味を連想させる香り。切れはよく、余韻に白玉粉のような米を感じさせる上品な香り。

DSCF3023-0960

お造りに合わせました。左奥から時計回りに、いしかげ貝、明石の鯖きずし、鱧です。

濃厚で旨味のしっかりとした「いしかげ貝」と合わせると、後味の旨味が上がりました。鯖きずしは酒が包み込み、これもうま味が強調されました。鱧は淡白すぎてお酒が勝ってしまい、相性は今ひとつでした。

濃厚なうま味のしっかりした料理と合わせたいお酒です。

大阪「味酒うまざけ かむなび」にて。

(テイスティング日: 2018年8月10日)

ラベル情報

商品名天の戸 純米吟醸 夏田冬蔵〈こま美〉
醸造元浅舞酒造(秋田県横手市)
特定名称純米吟醸酒
原材料米、米こうじ
酒造年度-BY
原料米秋田酒こまち 精米歩合45% 使用比率 27%、美山錦 精米歩合55% 使用比率73%
精米歩合55%
酵母自社酵母
アルコール度数16度
日本酒度-
酸度-
アミノ酸度-
製造年月2018-07
杜氏-
その他情報2017年2月上槽、槽しぼり、低音瓶貯蔵、一回火入れ
商品ページ-

DSCF3018-0960