/ 日本酒レビュー

秋鹿 山廃純米酒 原酒|日本酒テイスティングノート

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

大阪の中心、梅田の北に位置する過ごしやすいエリア、中津。阪急中津駅からほど近い日本酒バーSO-KENにて日本酒を楽しみました。

初めて入るお店です。今風の内装と灯り。おしゃれ立ち飲みというジャンルでしょうか。

燗につけられるのを待っている

最初に目に飛び込んだのが、このお酒たち!

SO-KENの燗酒コーナー

燗酒がオススメのお酒が置いてあるコーナーです。真ん中の「山」のラベルに惹かれてマスターに聞いてみると、あの秋鹿だとのこと。秋鹿のグラフィカルなラベルは初めて見たので早速オーダー。

SO-KENのお燗コーナー

と言っても、セルフサービス。ちろりに一合分そそぎ、「一合入れました!」と自己申告します。(混んでいないときは、お店の方が燗をつけてくれます)

燗酒の魅力を堪能できるお酒

60度に温めました。おちょこに入れるときには55度くらいになります。

はっとするほど繊細で軽やかな口当たり。米のでんぷんを連想させる香りとほのかな甘味のあと、力強い酸味がぐっとやってきます。そのあと軽くてピュアな苦味と上品な渋みでキュッと締まるような切れ味。

秋鹿 山廃純米酒 原酒

ラベル情報

  • 商品名: 秋鹿 山廃純米酒 原酒
  • 醸造元: 秋鹿酒造(大阪市豊能郡)
  • 原材料: 米(国産)、米麹(国産米)
  • 醸造年度: -BY
  • 原料米: 山田錦100%
  • 精米歩合: 70%
  • 酵母: -
  • アルコール度数: 18度
  • 日本酒度: +10
  • 酸度: 2.4
  • アミノ酸度: 1.3
  • 製造年月: 28-02
  • 杜氏: -
  • その他情報: -
  • 商品ページ: -

秋鹿 山廃純米酒 原酒