Tagged

僧坊酒

中世の大寺院で、所有する荘園から上納された年貢米を使って造られた酒。僧侶が酒を作った。大阪の金剛寺の天野酒、奈良の正暦寺の菩提泉などが有名。

1 posts

自然を感じながら日本酒を飲むって楽しい〜天野酒 蛍の宴 レポート〜
天野酒

自然を感じながら日本酒を飲むって楽しい〜天野酒 蛍の宴 レポート〜

蛍の宴 梅雨の気配を感じる5月の末、西日本きき酒界の重鎮の方々のお誘いで、「天野酒」の酒蔵で開催された「蛍の宴」に参加しました。 亨保三年創業の歴史ある酒蔵・天野酒 天野酒醸造元の西條合資会社は享保3年(1719年)に創業した歴史ある酒蔵です。 大阪府河内長野市の南海河内長野駅からほど近く。駅から酒蔵までの道は「酒蔵通り」として整備されており、趣きのある佇まいを感じながらのアプローチ。酒蔵の建物のうち旧店舗社屋は登録有形文化財に指定されており、歴史を感じる風景です。 天野酒を語るには河内長野地元の天野山金剛寺について語らなければなりません。 中世には、大寺院が荘園を持っていました。その荘園から上がってくる年貢米を使って僧侶が酒造りをしていました。金剛寺で造られていた「天野酒」や奈良の菩提山正暦寺で作られていた「菩提泉」などが有名です。その後、寺院での酒造りは廃れてしまいましたが、当時寺院で造られていた酒の製法は、現在の日本酒造りのベースとなっています。 西條合資会社は昭和46年(1971年)、天野山金剛寺で中世に造られていた「天野酒」の銘柄を復活。さらに1990年には当時の製法を文献から再現して「僧坊酒」をつくりあげました。 天野酒の品質は高く、今年は全国品種鑑評会で金賞を受賞しました。 蛍を眺めているだけで癒やされる 酒蔵の隣を流れる小川、「石川」はホタルの生息地です。「蛍の宴」はそのホタルを眺めながらお酒と料理を楽しむイベントです。今年は例年より早めにホタルが飛び始めたため、イベント実施期間を1週間前倒したとのこと。