Tagged

来福

茨城県筑西市にある来福酒造の主要銘柄。

3 posts

Sake Competition 2017 吟醸部門
Sake Competition

Sake Competition 2017 吟醸部門

2017年6月5日に発表された、世界最大の市販酒の品評会、Sake Competition 2017。「吟醸部門」の入賞酒と1位を獲得した来福酒造の蔵元、藤村俊文さんのコメントをご紹介します。 「吟醸部門」はアルコール添加をした吟醸酒・大吟醸酒を対象としています。アルコール添加をした日本酒は、スッキリとした味わいや高い香りを出すことができます。 1位は「来福 大吟醸 雫」 吟醸部門、第1位は「来福 大吟醸 雫」。茨城県の来福酒造のお酒です。 開場から「おおー」というどよめきが少し上がりました。 プレゼンターはリーデル代表取締役社長のウォルフガング・アンギャルさん。リーデル社長からリーデルトロフィーが渡されます。 副賞は、リーデルのヴィノム大吟醸グラス100脚が授与されました。 受賞した来福酒造蔵元の藤村俊文さんは会見で、「Super Premium部門で昨年に引き続き二連覇したかったが、吟醸部門で一位を受賞して大変満足している」と語りました。 また、醸造アルコール添加について「悪いという人もいるが、味をすっきりさせるという効果がある。とてもいいことだと思っている。広めていきたい」と語りました。 受賞した日本酒は、全国新酒鑑評会に出品するものと同じ規格で、花酵母を使っているそうです。 これらの花酵母は東京農業大学が開発して、来福酒造で自社培養しているもの。昨年は「香りが強すぎる」

世界一の日本酒が決まる Sake Competition 2016 表彰式・授賞パーティー レポート〈後編〉
Sake Competition

世界一の日本酒が決まる Sake Competition 2016 表彰式・授賞パーティー レポート〈後編〉

前編に引き続きSake Competition授賞パーティーの模様です。世界で活躍する中田英寿さんが演出。昨年までは各酒蔵のブースが並ぶ立食形式だったそうですが、今年は着席、受賞酒はソムリエさんがサーブ、ステージに受賞者が立って挨拶、というアカデミー賞授賞式のようなきらびやかな雰囲気の中で。