/ どぶろくレビュー

甘酒仕立ての新潟米どぶろく 新之助|どぶろくテイスティングノート

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

時代に合わせた新しい品種

「新之助」は米の作付面積・収穫高とも日本一の新潟県で2008年から開発が始まり、2017年度より一般販売が始まった新しい米です。収穫期の暑さを避け、中生であるコシヒカリに収穫の集中を防ぐといったニーズに応えています。

大粒で豊かな甘味とコクがあり、しっかりした粒感と粘りが両立しているうえ、冷めてもおいしい、長期保存でもおいしさを維持するなどの特徴があります。食米として開発された新之助ですが、このどぶろくのほか、日本酒でも使われています。

質感と味のメリハリが楽しめるどぶろく

冷やしていただきました。クリーミーだけど、どぶろく独特の「噛む」感触が楽しめます。甘味はそこそこで、酸味と苦味がしっかり。和なしや青いバナナ、グレープフルーツピールの香り。余韻には麹の香りが楽しめます。

温めると、42度位、60度くらいが良かったです。特に60度にするとびわの香りなど別の顔が見えてきました。ですが、冷やしての無法をおすすめします。

_s-tn-DSCF0271

テイスティングコメント

12度くらい。クリーミーだけど噛める。ドロリとしていて質感がある濃厚などぶろく。口に含むと苦味がしっかりとしていてシャープな印象。甘味はそこそこ、酸味はしっかり。やや柑橘を思わせる。和なし・青いバナナ・グレープフルーツピールの印象。心地よい針葉樹の香り。そこそこ切れて、後口にややうま味と麹の香り。

42度では、和梨の香りが際立つ。心地よい苦味も強く。50度にするとこのどぶろくの良さ、香りや膨らみがなくなってしまう。60度にすると、またおいしくなる。枇杷の香りが出てくる。

この酒は冷やして飲むのがおいしい、燗にするなら42度か60度で。60度では違った顔が見えてよい。

(テイスティング日: 2019年11月15日)

ラベル情報

甘酒仕立ての新潟米どぶろく 新之助

  • 〈醸造元〉 まるいち(新潟県小千谷市)
  • 〈仕込み水〉 -
  • 〈原料米〉 新潟県産新之助58%
  • 〈精米歩合〉 -%
  • 〈酵母〉 新潟県醸造試験場開発酵母
  • 〈特定名称/種別〉 濁酒
  • 〈アルコール度数〉 10度
  • 〈原材料〉 米(国産)、米麹(国産米)
  • 〈製造年月〉 2019-10

_s-tn-DSCF0255

参考資料